スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道法正徳氏の自然栽培の講座へ行ってきました

2016年産米・米粉販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号 完売!
 朝日米 朝日米米粉
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ 完売!
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら


前から興味があって、いつか近くで開催されたら行こうと思っていた、道法正徳さんの講座。
たまたま締め切り前に情報をキャッチして、神戸まで行ってきました。

子どもたちはかんちゃんにおまかせ。

道法正徳さんは、もともとは愛媛県の農協で柑橘の技術指導をされていた方。
実際の圃場を見たり、自分の畑を栽培する中で現行の指導の中で説明がつかないことがあることから、植物ホルモンの働きに気が付き、自然栽培での剪定栽培方法を確立され、各地で指導されています。


午前中は座学で理論を学ぶ。

道法さんの理論を簡単にいうと、
◎植物は植物ホルモンで成長する
◎「良い土」が重要ではなく、植物ホルモンを働きやすくすることでよく育ち、病虫害に強くなる
◎植物ホルモンを良く増やすには・・・枝をなるべく垂直に伸ばす、芽はなるべく減らして一つにする、摘心摘葉はしない、枝を横に伸ばさない。


というお話を伺った後に午後は畑で実地
IMG_20170709_132321.jpg
野菜も果樹も同じ、ということで茄子の主枝を縛っているところ。
基本一緒とは言え、野菜それぞれの特性や残す枝の数などもあるので、それぞれ細かい注意点がある。

IMG_20170709_141055.jpg
いちじくの苗木の縛る前。

IMG_20170709_141142.jpg
縛った後。

畑で2時間ほど垂直仕立ての色々を見せて頂いた後、再び会場でグループワーク。

道法さんの農法を如何にして広げて行くか、その方法をみんなで話し合う。
なかなかこういう講座で見ないタイプのワーク。
みんな道法さんファンクラブみたいになって、道法さんの農法の普及の仕方を話し合う(笑)
でもこのワークを通して、他の参加者と取り組みたいことや、今気になっていることを話し合うことで今後につながっていく関係が作れて面白かった。

自然栽培というと無施肥が絶対条件になるのだけど、肥料を一切入れずに持ち出す一方(収穫して)というのは、なんとなく腑に落ちないところもあったのだけど、「植物は肥料で育つのではない、植物ホルモンで育つ」というお話を聞いて非常にわかりやすかったです。

そしてまた道法さんの素敵なところは、方法を一つに決めずに、より効率よい仕立て方法を求めて、人の意見もどんどん「そらええな」と言って試していくところ。
実践されている農家さんたちもみんな、「こんな方法はどうか」「この方が楽にできる」など、それぞれ楽しそうに工夫されていました。
そうやってどんどん良い方法を編み出していったら良い、という柔軟さ、ものすごく大切だなあと思います。

あとは畑で実践してみて比較してみる!楽しみだ~

< まき >

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。