まきさんのこめぱん

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



今日、まきさんが米パンを焼いてくれました。

米粉パンと言う言葉は浸透してきていますが
小麦グルテンを使わずに米粉と酵母と塩だけで焼いたパンはそうはありません。
その実、グルテンフリーの米粉パンは商品化が大変難しいのです。

そんな状況でも米粉だけのパンを研究されている方が少なからずおられます。
コバタケファームではその方たちに支えられながら美味しい米粉パンの可能性を探っています。
米粉だけ(ここではグルテンを使わない方法)で焼けるパンはまだまだ需要があるからです。

1年ほど前から我が家の米を製粉所に挽いてもらって米粉の販売をはじめました。
米粉研究をされている料理家さんや米粉パン教室をされている方によって紹介していただき
徐々に米粉の注文が増えて、1年経った今ではひと月100キロを超えています。
これは大変な驚きでした。


我が家の米の収穫は慣行栽培の半分の10アール300キロほどしかありません。
無農薬・無肥料栽培ではこのくらいかなと思っています。

玄米の原価が600円、精米すると1割減ります。
白米30キロを製粉所に送って帰ってくる送料が3000円
製粉所の製粉手間賃が1キロ100円で、選別で1割ほどまた減ります。

戻ってきた米粉を袋詰めして1キロ1000円という決して安くない価格で販売しています。
経費としてギリギリの価格ですがそれでもこれだけ需要があるのです。



さて、
まきさんが初めて焼いたグルテンフリーの米粉パン。


それが


こちら


IMG_20170408_074635.jpg
グルテンがないとそんなにかんたんには膨らみません。

ちなみに、同じ米粉でプロの方が焼いたパンが ⇛ こちら

お米の品種、、アミロース値、含水量、製粉方法
添加する水分、酵母の種類、発酵の時間 etc.
すべてがミクロ単位・秒単位で影響します。
それだけグルテンフリーパンはシビアな世界です。
でも私は数年で技術が確立して10年後にはごく一般的になると思っています。


品質の上でも値段の上でも
誰もが口にできる米粉パン用米粉の実現は目下、コバタケファームの目標です。
米粉パンを研究してくださっている方々と共に前進してゆきたいと思います。

海外から来た小麦に米粉が取って替わるのは絵空ごとではありません。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク