スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回全国合鴨フォーラム京都大会 2日目

2日目。

分科会後、基調講演はNPO法人 使い捨て時代を考える会 代表の槌田氏。
DSCN3912.jpg


意見交流ののち、閉会宣言は・・・
DSCN3920.jpg
なぜか私(笑)

DSCN3922.jpg
足元で遊ぶわらし。

本当になぜか私が閉会宣言・・・なのだけど、実は私は前回の第9回京都大会の時に、大学生で参加していたのです。
当時、自給自足をして生きていきたい、と思い始めた頃で、古野さんの著書「合鴨ばんざい」を読んですごく面白くて、京北で大会があるのを知って思い切って参加したのでした。
交流会で古野さんや鹿児島大学の萬田先生とお話できて嬉しかったなあ。
それ以来、就農はしたけど合鴨農法はせずにいたのに、かんちゃんと出会って初めて実践することになったことから、合鴨農法の素晴らしさを感じた話をちょっとさせていただきました。

まさか結婚して合鴨農家になるとは思ってなかったな。
9回大会の時に実行委員をして発表もされていた奥村哲さんが、偶然園部の近所で合鴨農法を続けておられて、その縁で今、哲さんの田んぼもさせていただいている。
今は哲さんは亡くなられたけど、機械も奥さんのご厚意で使わせていただいてます。
これも不思議な縁。
コバタケファームの基盤を作ってくれた合鴨農法がもっともっと広がるように、楽しさを発信していきたい、と改めて思ったのでした。

DSCN3928.jpg
閉会後に、古野さんご夫妻ともお話して著書をいただきました。
閉会宣言良かったよ~と喜んでいただけて、嬉しい!!

ほんとに先達のおかげで今、楽に楽しい道を進ませてもらってます。

このあと、鹿児島大学の萬田先生がなんとコバタケファームに寄ってくださった!!
いろいろお話できて、鹿児島に来たら泊めてくださるとのこと・・・夏に行きます、ほんとに!
萬田先生は、古野さんと一緒に合鴨農法の普及に尽力された方。
お話していても、農業、農家、そして人に対する愛がにじみ出ておられて、私もかんちゃんも尊敬する方です。

合鴨フォーラム、本当に楽しく終わりました。
京北の中江の方たちには、実際の作業を殆どお世話になりました。
今回託児ルームも完備だったので参加もスムーズでした。
実行委員会のみなさま、ありがとうございました!


< まき >


Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。