稲刈り2016 11日目 朝日米①

今年は京都旭1号が苗が少なかったため「朝日米」を栽培しています。
京都旭1号が1912年に岡山へ渡りそこで純系淘汰を繰り返してできたお米。

今の朝日はその47代目にあたるそうです。すごい歴史!

ココの田んぼは今年から借りたところです
IMG_20161027_113333.jpg 

まずまずの出来
IMG_20161027_113357.jpg  

今日は自分で刈っています・・・
IMG_5418_20161127122947fcd.jpg

我が家の米づくりは
育苗培土に山土・鶏糞・竹チップ・くん炭を混ぜたものを使い
田植え後は一切無肥料で作っています。
ですので慣行栽培に比べると6割くらいの収量になります。

初めて借りた田んぼはそれまでの肥料が残っています。
1年目は10aで4~500キロくらい取れますが翌年からだんだん減っていって
5年くらい無肥料を続けると300キロを切るくらいまで減っていきます。

そこで米ぬかや籾殻、竹チップなどを散布して冬季湛水(冬の間田んぼに水を張る)など
地道な土作りを繰り返して350キロくらいの収穫を目標にしています。

面白いのは250キロしか獲れなかった田んぼでは翌年400キロ穫れることもあること。
いろんな条件が重なってのことですが今年獲れなかったら来年は豊作じゃね?
そう、のんきに考えながら農業をしています。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク