スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余った卵白はラングドシャ♪

合鴨鍋をすると、つみれに卵黄を使うので卵白がたくさん出ます。

卵白消費レシピはいろいろあるのですが
最近好きなのはこれ。

IMG_3652.jpg
ラングドシャ。

「猫の舌」という意味のこのお菓子、本来は細長い形だけどまんまるにしました。

久々にレシピ。

◇ラングドシャの作り方◇
・バター 50g
・砂糖  50g
・卵白  50g
・薄力粉 50g
・バニラエクストラクトまたはバニラエッセンス


1. 室温にしたバターをクリーム状になるまで泡だて器で混ぜ、砂糖を混ぜてさらに混ぜる。
2. クリーム状になったら卵白を少し混ぜては泡立て、少し混ぜては泡立て、ふわふわになるまでさらに混ぜる。バニラエクストラクトも一緒に混ぜる。
3. ふるった薄力粉を混ぜてゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4. 1cm程度の丸口金をつけた搾り出し袋に生地を入れ、天板に4cm程度の丸に薄く搾り出す
5. 170℃に余熱したオーブンで7分焼き、その後100℃~110℃に下げて5分焼く。


メレンゲを焼くだけのお菓子だと湿度が高い時にはすぐ湿気てしまうけど、ラングドシャだとなかなか湿気ません。
サクサクな食感が好き。


IMG_3657_20160121230519647.jpg
ぼくはまだたべれませーん。

< まき >

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。