スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう失敗できない干し柿の仕込みをする。

京都旭1号の米粉の販売開始!
お料理・製菓に幅広くお使いいただけます。
 完全無農薬・合鴨農法    
 新米 京都旭1号
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 新羽二重糯 販売中!!
 こばたけの通販は ⇒ コチラ
 Yahooストアは ⇒ こちら



今年の秋は本当に暖かかったですね。
秋がなくて冬になった感じです。

その天候のせいで例年通りできなかったもののひとつが
干し柿
今年の秋は暖かくて雨が多かったので表面が乾かず
お父さんが仕込んだ干し柿は全てカビだらけになって落ちてしまいました。

干し柿はお正月のお口祝いのひとつ。
これがなければ新年が始められないくらい大切なものです。

何とかせねばなるまい。



干し柿のカビを防ぐために【熱湯消毒】や【アルコール消毒】をしますが
最重要課題は
『 如何に表面を早く乾かすか 』
これにつきます。

序盤に扇風機で乾かしながらとかいう手も考えられますが
私は1つのアイデアを思いついたので実験することにしました。

先週、柿酢づくりの時に固そうな渋柿を別に残しておいたので
業務用冷蔵庫の 上段に剥いた渋柿 下段に除湿機を入れました。
IMG_20151203_090039.jpg
そして冷蔵庫の温度を5℃、除湿機の設定を30%にします。
これで1週間ほど様子を見て柿の表面が乾けば、お日様に当てます。

ただし冷蔵庫内には電源がなく、除湿機を使うには外から引っ張ってこないといけません。
そこで今回この作戦を実行するのに導入したアイテムが
こちら
SL1500.jpg
フラットコード 30cm

IMG_20151129_111750.jpg 
この延長コードを使うことで冷蔵庫からの冷気の漏れを防ぎます。

さてさて、今年の正月は無事迎えられるか・・・
この干し柿に懸かっています。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。