スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだるまくん。


自家製みそを仕込む季節です
こばたけの米こうじ 予約受付中!
五島列島の天日塩『手塩』も取扱中。

 完全無農薬 合鴨農法   
 京都旭1号
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 
 新羽二重糯(もち米) 販売中!! 
 こばたけの通販は ⇒ コチラ
 Yahooストアは ⇒ こちら



今日はひだるまくんの紹介。
怪しい名前ですがロケットストーブの一種です。
IMG_20150310_155730.jpg
北海道の会社が作って販売しているのを入手。

このままでももちろんすぐに使えますがヒートライザー(煙突部分)の断熱して燃焼効率を上げます。
断熱材はパーライトが良く使われますが、無料で手に入る灰を使います。
IMG_20150310_160840.jpg
IMG_20150310_161004.jpg
詰める時は木材投入部の部分に新聞紙でも詰めて灰が漏れないようにし
一旦満杯まで入れて筒を差してから筒の中に残った灰を抜けばOK。


点火!!
IMG_20150310_161349.jpg
チムニー(煙突)効果であっという間にとぐろを巻いた炎が燃え上がります。 

断面図はこういう状態になっています。
ひだるまくん
ひだるまくんには小さな鍋などを載せるごとくがありません。
丸網などを使うのが一番簡単ですが、最も適した使い方は
『 ジンギスカン鍋 』 を載せる使い方のようです。
アウトドアでその辺の小枝などを使って気軽にジンギスカン。
なるほど、さすが北海道やなと思いました。

構造は一般のロケットストーブストと同じですがステンレスで統一したり、溶接の仕方や部材の使い方など細かなアイデアが詰まっている良い商品です。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。