穂いもち出てます。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



秋らしいいい天気が続きますが
今年は冷夏で本当に湿気が酷かったですね。

ついに、その影響が ・ ・ ・

今年初めて作付けした豊コシヒカリ
への字稲作で有名な、故・井原豊(いはらゆたか)さんが、
コシヒカリを18年間個体選抜をし、一番の欠点である倒伏性を改善した品種です。
DSCN7230.jpg 
穂いもち出てます。
DSCN7234.jpg
一見、登熟したように黄土色になっている稲穂ですが
穂の付け根辺りにいもちが発生して枯れているのです。

他の品種にはあまり出ませんでしたが
豊コシヒカリは被害がすごくて、収量は恐らく3~5割減くらいいきそうです。

天候のほかにもいもちが出る条件はいくつかあり、そのひとつが窒素過多。

左は無農薬無肥料4年目、右は今年から借りた田んぼ

DSCN7231.jpg
明らかに葉色が違います。

右手のほうは昨年まで慣行栽培されてきた田んぼで
厩肥(牛の糞を発酵させた肥料)などの有機質肥料が残留しているのだと思います。
穂いもちの発生は右手の方が多いです。

分げつ(株の枝分かれ)や穂の付き具合にはあまり差が無い様子です。
稲刈りしてみないと収量は分かりませんがここまではっきり見た目の差が出るのは面白いですね。

残留した有機質肥料はなかなか抜けないと言われています。
時間をかけて、無農薬でも病気の出にくい田んぼを作っていきたいと思います。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク