10年選手の洗濯機を改造する。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


ウチの洗濯機は買って10年以上になる。
日立の『白い約束』NW-D8CX
確かヤフオクで新品で買ったような気がするが記憶は曖昧。

IMG_20140816_211320.jpg

この洗濯機は脱水時に指を突っ込んで怪我をしたり
乾燥してすぐに手を入れて熱でやけどをしないように
動作中に安全ロックが働いてふたが開けられないようになっている。

安全な状態かどうかは複数のセンサーが感知する仕組みなのだけど
センサーが劣化や破損したときに誤作動が起こる事があり
動きは全てコンピューターで制御されているため
物理的に安全が確保されていても条件が揃わないと
『安全ロックが解除されずにふたが開けられない』
と言う事態に陥ってしまうのである。


今まで3回故障して、その度にサービスマンを呼んで
毎回1時間ほどの修理で1万5000円ほどかけてなおしていた。

前回も1年以内に修理したんだけどまたしても故障。
【 F3 】と言う表示のエラーで
内容は【 機内の温度センサーの異常 】
確か前回もそうだったような気がする。
例に倣ってふたは開けられない。

この温度センサーは乾燥時の温度を感知する役割である。
ウチではこの洗濯機を買って乾燥機を使ったのは最初にテストした1回だけ。
乾燥機を使わないのに温度が上がるはずもなく全く意味の無い異常。

さすがに買い替えかと思ったが、まきさんがある情報を仕入れてくれた。
価格.com のクチコミ F3のエラーがでた方いますか?
ここに対処法が載っていると言う。

とりあえず裏のパネルを開けてみる
IMG_20140816_210645.jpg

クチコミによると【 F3 】の出る原因は
温度センサーであるサーミスタの抵抗値が下がったことによる過剰反応
サーミスタ(700円の部品)の交換で直るとのこと。
ただし、サーミスタを入手するには日立に電話して取り寄せないといけないので
我が家のように布オムツを使っている場合とてもそのインターバルに耐えられない。

そこで荒療治ではあるが
「サーミスタに繋がるリード線に抵抗を噛ませる」
方法を試みることにした。
なぜそうするのか私の電気音痴の頭で考えたんやけど
「抵抗を増やしてサーミスタに流れる電流を抑えるって」ことかしら?
危険な改造だけど今後も乾燥機を使わなければ良いだけやし。

最寄の無線屋さんで22Ω分の抵抗を入手
IMG_20140816_193223.jpg
(22Ωが無かったので41Ωの抵抗を2個並列で繋いで使った)

サーミスタのリード線を切って半田付け
IMG_20140816_201549.jpg
※半田付けの技術のついては不問でお願いします・・・

ビニールテープで絶縁してビニールをかぶせて終了。


結果は
ちゃんと動きましたっ。

しかしこの梅雨のような長雨。
洗濯物が全く乾かない・・・

今ほど乾燥機能が使いたいと思った事はない。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク