FC2ブログ

アイガモ仮設居住地準備

昨日はイノシシの解体とアイガモ引越準備とけっこう忙しくしていたのですが
夕方に姉の家族がおいしいワインを持って来たので気持ちよく酔ってしまい
ブログをサボってしまったので今日は2日分。

ただ、ちょっと悲しいことに昨日の朝からデジカメが見つからない。
携帯のカメラではあまり撮る気にならず画像はほとんどありません。


◆8月12日

このところのよい天気で田んぼの稲が急成長し穂が出始めました。
6月下旬に田植えをしたのでもっと遅くなると思ったのですが思わぬ誤算。
アイガモが飛びついて稲を食ってしまうことを覚えたらタイヘンです。
穂が出ると除草を手伝ってくれたアイガモさんは田んぼから上げられます。
そして食べられるようになる来年2月くらいまで別の場所で肥育します。

アイガモ農法をされている多くの農家さんは鳥小屋やビニールハウスに移しますが
私は麦を刈った後の田に水を張り、専用の水田を作ることにしました。
肥育は運動をさせない方がよく太るのでこの方法をされる方は少ないと思います。

130羽を肥育するのに5aの田んぼを確保し、うち半分をトラクターで耕します。
全てを耕さないのは昆虫の隠れる場所を残してアイガモのエサになってもらう為です。

次にあぜ波シートで田んぼを仕切って水を引きます。
やってくれるのはもちろんピロン!
DSC00123.jpg
ピロンが手伝ってくれるのも今日で最後。
私は彼を『防災大臣』に任命しました。
DSC00122.jpg
あぜ波シートが決壊しないように土を寄せてもらっています。

ここまでやってアイガモ仮設居住地は水が回るまで待ちます。

ちょうどそのころ、京丹波のアイガモ農家「宇野さん」が訪問してくれました。
数日前に知り合ったばかりですがご近所でアイガモ仲間が増えるのは嬉しいことです。
うちの圃場を見てもらいながら情報を交換。近いうちに彼の農地も見てみたいです。

次の仕事はイノシシの解体。
井戸水で冷やしながら血抜きをしていたのですがやはり夏は厳しいです。
水から引き揚げたイノシシはかなりの臭気が鼻をつきます。
超スピードで食べられる所を肉にしていきました。足・ロースなど50キロ⇒15キロ。
普通ならもっと取れるのですが臭いをかぎながら危ない部分は捨てました。
早速焼き肉にしましたが、腐りかけ寸前まで熟成されていて柔らかく美味でした。
10日に解体したシカ肉のカツも最高にうまかったです。
それにおいしいワインがあるのだからついつい飲みすぎて、気づけば深夜2時半・・・


◆8月13日

早朝、ピロンを『るり渓やぎ農園』に送りました。
半日収穫の手伝いをするということです。
ピロン本当にありがとう! 僕は君のことを忘れない。

今日はお盆の初日。
強烈に暑かった~
とても仕事にならないのでお墓参りをしたあと屋内に退避。

娘が2日前にベビーベッドから落ちたので念のため病院へ。
診察の結果は「異常なし」でひとまず安心する。

帰ってからも日差しが止まず2時間昼寝。
16時ころから一番小さな5aのアイガモ田アイガモの引き上げ開始。
電柵とネット撤収し、川でネットを洗いました。20時終了。
明日はこのセットをアイガモ仮設居住地に張り替えます。



ほとんど文章だけのブログでした。
つい箇条書きのようになってしまい、やっぱりあまり面白くなりませんね。
私に文才が無いといえばそうでしょうが
それでも最後まで読んで下さってありがとうございます。
本当に心の支えになっています。

明日からはまた画像もUPしますのでよろしくお願いします。

<かん>

Comment

非公開コメント

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク