スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまくらまだ残ってます。

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら


かんちゃんの力作のかまくら。
DSCN3930.jpg

まだ残っている。
気温が8度とかに上がっても残ってるってすごいなあ。

近のサンさん。
離乳食も順調にすすみ、何でも食べる・・・ようになってきた、けど。
DSCN3934.jpg
醤油を瓶ごと飲もうとする。

DSCN3938.jpg
焼いてないもちに塗って食べてみる。

毎日進化していておもしろい。

< まき >
スポンサーサイト

第27回全国合鴨フォーラム京都大会 2日目

2日目。

分科会後、基調講演はNPO法人 使い捨て時代を考える会 代表の槌田氏。
DSCN3912.jpg


意見交流ののち、閉会宣言は・・・
DSCN3920.jpg
なぜか私(笑)

DSCN3922.jpg
足元で遊ぶわらし。

本当になぜか私が閉会宣言・・・なのだけど、実は私は前回の第9回京都大会の時に、大学生で参加していたのです。
当時、自給自足をして生きていきたい、と思い始めた頃で、古野さんの著書「合鴨ばんざい」を読んですごく面白くて、京北で大会があるのを知って思い切って参加したのでした。
交流会で古野さんや鹿児島大学の萬田先生とお話できて嬉しかったなあ。
それ以来、就農はしたけど合鴨農法はせずにいたのに、かんちゃんと出会って初めて実践することになったことから、合鴨農法の素晴らしさを感じた話をちょっとさせていただきました。

まさか結婚して合鴨農家になるとは思ってなかったな。
9回大会の時に実行委員をして発表もされていた奥村哲さんが、偶然園部の近所で合鴨農法を続けておられて、その縁で今、哲さんの田んぼもさせていただいている。
今は哲さんは亡くなられたけど、機械も奥さんのご厚意で使わせていただいてます。
これも不思議な縁。
コバタケファームの基盤を作ってくれた合鴨農法がもっともっと広がるように、楽しさを発信していきたい、と改めて思ったのでした。

DSCN3928.jpg
閉会後に、古野さんご夫妻ともお話して著書をいただきました。
閉会宣言良かったよ~と喜んでいただけて、嬉しい!!

ほんとに先達のおかげで今、楽に楽しい道を進ませてもらってます。

このあと、鹿児島大学の萬田先生がなんとコバタケファームに寄ってくださった!!
いろいろお話できて、鹿児島に来たら泊めてくださるとのこと・・・夏に行きます、ほんとに!
萬田先生は、古野さんと一緒に合鴨農法の普及に尽力された方。
お話していても、農業、農家、そして人に対する愛がにじみ出ておられて、私もかんちゃんも尊敬する方です。

合鴨フォーラム、本当に楽しく終わりました。
京北の中江の方たちには、実際の作業を殆どお世話になりました。
今回託児ルームも完備だったので参加もスムーズでした。
実行委員会のみなさま、ありがとうございました!


< まき >


第27回全国合鴨フォーラム京都大会 1日目

今日、明日と2日にかけて全国合鴨フォーラム大会です。
一年に一度、全国の合鴨農家が一堂に会する大会。
今年は18年ぶりの京都大会ということで、私たちも微力ながら実行委員になってお手伝いです。

京北の元ゼミナールハウス、あうる京北で開催。

かんちゃんは京都の合鴨農法実践報告ということで登壇発表もします。
IMG_20170128_161446.jpg
見えませんが背中にサンさんを背負ってます。
かんちゃん曰く「赤子背負ってるほうがインパクトあるやろ」
タイトルは「5畝10羽から始める自給的合鴨農法のススメ」・・・のはずだったのですが、前の発表者たちも内容かぶってる感じだったので、変更して「合鴨農法以外の除草方法の実践と失敗」に。

田車、ビニペット除草、竹箒除草、米ぬか除草、鳥耕、アゾラ除草などなど・・・今まで試した色んな方法を駆け足で紹介。
で、結論としては
除草で合鴨に勝るものは無い。

結構受けてました。

講演の合間に、京北に居を構える「きしもとタローバンド」の演奏会。
DSCN3876.jpg
世界各地で昔から奏でられた曲を演奏してくださいます。

DSCN3872.jpg
あまりの心地よさにサンさん爆睡・・・

はお楽しみの懇親会。

IMG_20170128_192848.jpg
もちこんだみのるの餅つき機で新羽二重糯のもちをつく。

DSCN3905.jpg
こちら岡山からはるばる除草機や田植え機の展示にかけつけたみのるの担当者さん。
うちも除草機の納品や播種機の件でお世話になってます。
今回3合でつける餅つき機を持ってこられてて、みんな興味津々でした。
70726f647563742f32303136303831395f3434363166362e6a7067003430300000660023464646464646.jpg
つき姫。
美味しくつきあがってました。

DSCN3888.jpg
わらしたちが配り歩いてくれる。
可愛さに思わずみんな手を伸ばす。

DSCN3895.jpg
サンさんはバイオリニストのお姉さんにデザート食べさせてもらってご満悦。
きしもとタローバンドの洋子さん、なんと京北でバイオリンのレッスンもされているとのこと。
今度体験レッスンお願いしました!長年の夢のバイオリンがついに・・・?!

そして明日に続く・・・

< まき >

森のコメパンさんが米粉パンをお持ちくださいました。

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



うちの米粉 京都旭1号

最近徐々に人気が出てきて、
米粉パン研究をされている方にも使ってもらえるようになってきました。

現在のところ、グルテンフリーの米粉で一番うまく焼けるのが
ミズホチカラ という米を挽いたもの。
膨らみが極めて小麦に近い。
ただ、ミズホチカラを無農薬で作っている農家さんは少ないのです。
僕が知っているのは最近友だちになったやよい農園さんぐらいです。


私は京都旭1号と亀の尾で米粉を挽いているのですがパンを焼くのは苦手。
そこで、米粉パンを熱心に研究していらっしゃるお客様に「米粉に合う米の研究をしたい」と言うと、
いろんな焼き方での膨らみを写真に撮ってメールで送ってくださったり
焼いたパンを送ってくださるようになりました。

本当に嬉しい限りです。

今日は篠山の『森のコメパン』さんが持ってきて下さいました。
DSCN3855.jpg 
底面8センチ角くらいの可愛い山食です。
トーストしていただくと本当にカリカリしておいしい。

このパンを作ってくださる方も本当に熱心です。
質問は常に前のめり、焼け具合の表現の仕方が本当に臨場感にあふれていて
楽しくて、ついつい2時間も引き止めてしまいました。
これからもずっと一緒に研究をしていきたいとっても素敵な方です。

他にもうちの米粉で焼いたパンを送ってくださる方が沢山いるのですがそれはまた次の機会に!

<かん>

真冬のかきごおり

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



スイさんが突然
かき氷が食べたい
と言い出した。

当然、雪のかき氷のことだけど・・・
降ってからもう何日も経ってるしなあ。

でも面白いから、やってみよう。
お腹こわしたらその時のことだ。


このあたりなら綺麗そうかな
DSCN3829.jpg

表面をのけて中を掘ってと
DSCN3832.jpg

完成! ぶどう味
DSCN3833.jpg
ちょうどシャーベット状になっているので解けにくい

がっつくわらし
DSCN3842.jpg

この子も
無題1 
無題2 
うぴー ちべたい! 


あーおもしろかった!
僕は・・・もちろん食べてません。

<かん>

篠山スパイシーナイト初参加!

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



おととい、ふとフェイスブックを見ているとイベントのお誘いがあった。
篠山スパイシーナイト
整体師の中西さんが作った創作カレーを食す会。
毎月1回開かれていて、カレーを食いながら交流するという。
前から気になっていたんだけど、今回はちょうど空いていたので参加することにした。

こんな感じでカレーを囲んで、お皿で乾杯していただくという趣向。
DSCN3807.jpg

カレー近影

DSCN3808.jpg
今回のカレーは鶏肉・蓮根・かぼちゃ・キクラゲなどの入ったキーマカレー
スーパーで見かけたパインアメジャムを思いつきで入れたそうな。
篠山郡家でピザ屋さんをされているシロウさんの差し入れのピタパンが絶品。

僕がいつも飲んでいる氷上牛乳にお勤めになっている方や
酒蔵勤務、新聞記者、セラピスト、広告会社、彫りガラス作家さんなど
本当に面白いメンバーが集まって話の尽きないこと・・・

また参加したい。
今度はうちの鴨ガラスープと鹿肉を提供しますわ。

<かん>

かまくらにお客さま

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



私的には納得のいかないかまくらでしたけど
噂を聞きつけたおともだちが多数来てくれました。
DSCN3731.jpg 

入り口は小さいけど
DSCN3761.jpg 
DSCN3756_201701280244467c0.jpg 
中には4人入ってもまだまだ余裕!

日が暮れて、ちょうどいらないローソクがあったので点灯
DSCN3777.jpg
DSCN3801.jpg 
ローソク1本で明るく魅惑的なのがかまくらマジック。

<かん>

初めて本格的なかまくらを作る。

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



今シーズンの雪はとにかくすごい!
私は生まれて初めて京都の園部で50センチの積雪を経験しました。

これだけの雪を目の前にすると当然かまくらを作りたくなります。

一番の積雪が1月15日だったんですが、
地域の行事や月末の合鴨フォーラムの資料作りに追われて手をつけられず。

1月17日になってやっと作り始めました!
DSCN3489.jpg

そして21日にジェイソンさんに1時間ほど手伝ってもらい
無題

23日、まきさんと子供たちが出かけたところでやる気を出す!
今回はあらかじめブロックを作って積んでいくイグルー方式。
DSCN3691.jpg

積んで、入り口を開けて
DSCN3695.jpg

あと少し!
DSCN3697_20170125013544a5f.jpg

ちょうど屋根を埋めたころに子供たちが帰ってきました。
DSCN3698.jpg
屋根のてっぺんの強度を気にするあまりに
新弟子検査の舞の海みたいになりましたがめでたく完成!

DSCN3716.jpg
予想以上に喜んでくれたのでよかたー!

<かん>

ジェイソンさんのホームステイ

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



1月20日から22日の3日間
コスタリカのジェイソンさんがホームステイされました。

ジェイソンさんは26歳のジャーナリストです。
DSCN3506.jpg
コスタリカはここだよ!
世界でも珍しく常備軍を持たない国なんだ。


20日は夜遅くに到着、22日は朝早いので21日にめいっぱい遊びました。

午前中はかまくらづくり
kamakura.jpg

そり遊び
sori.jpg
雪は全く初めてだそうで、ものすごくエキサイトしていました。

午後からは史跡を案内したり
DSCN3539.jpg 

能面の教室を見学したり
DSCN3556.jpg

菅原道真が存命中に創建された生身天満宮にも参拝しました。
DSCN3599.jpg

その他は八ツ橋見学・日吉温泉・そしてスーパーで買い物。
DSCN3628.jpg


家に帰ると折り紙あそび
DSCN3532.jpg

鴨鍋を楽しんだ後は
DSCN3655.jpg
コスタリカのデザートを作ってくれました。
マリービスケットと練乳とエバミルク、レモン果汁で作る
DSCN3661.jpg
これがレアチーズケーキみたいで美味しい!!


DSCN3632.jpg
礼儀正しくて優しくて大きくて
本当に素敵な好青年でした。


22日に母が二条城を案内したときには
ぼくと一緒に来た仲間の中で
  たぶん一番素敵な体験ができた、ありがとう!

なんておっしゃってくださったそうですごく嬉しい。


DSCN3537-2.jpg
ジェイソンさん、つぎはコスタリカでお会いしましょう!!

<かん>

初カビなし鏡開き!!!

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥 
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち
 新羽二重糯 大好評販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



今日は鏡開きです。

鏡餅を切るのは『切腹』を連想させ縁起が良くないそうで木槌や手で割るのが良いそうです。
しかし最近の鏡餅は真空パックや小餅の入った模倣品が多く、割ることもないですね。

私も鏡開きを木槌でするなんてあるわけないと思っていました。

ところが・・・・

見てください
この鏡開きをするに相応しい鏡餅を!!

IMG_20170111_091935.jpg
見事なひび割れです。

鏡餅は、温かい餅を整形してもダレてくるので出来るだけ冷まさないといけません。
今年は、何度も陶芸で言う 『 菊練り 』 で均一に冷ましよくよく練って冷ましました。
そして最後にはこいつ
餅型 
三郷整型所のもち型です。
石膏で出来ていて素晴らしく美しいお鏡が出来ます。


そしてカビを防ぐために
IMG_20170111_092038.jpg 
底と二段目の下に割り箸スペーサーを置いてみたのです。

さらに3日に1回はホワイトリカーを染ませたキッチンタオルで底ともち同士が接する上下部分を拭きました。
手間をかけた甲斐があってカビを防ぐことに成功しました。

毎年、緑や黄色やピンクのカビルンルンが余計な彩りを添えていましたが
今年のあられは何も気にすることもなく美味しくいただけます。

<かん>

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。