スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川帰郷2014春・・・1日目


今日から香川3日間♪
今朝も出発前に猿軍団に黒豆をやられました!!
とりあえずスリングショットを執拗にばんばん打ち込んでおき香川に出発。

到着するなりスイさんバアバに御本を読んでもらい
DSCN1683 - コピー

ジイジに御歌を歌ってもらい
DSCN1693 - コピー

バアバに大粒のいちご【さぬきひめ】を与えてもらい
DSCN1689.jpg

ジイジにまた御本を読んでもらい
DSCN1701 - コピー

レイさん『男前』と持ち上げてもらいました
DSCN1707.jpg

3日間お世話になりまーす!!

<かん>

スポンサーサイト

味噌仕込み2014


今日は忙しい
明日から3日間、まきさんの郷の香川に帰るのです。
それまでに米の出荷、味噌仕込み、ベッドもう1台を作らんといかんのです。

とにかく出荷から! っと思っていたら・・・
無題 
なんでやねん!!
総勢20匹からの猿の大群!!
父がエアガン、私がスリングショットで対抗。
いたちごっこで椎茸・かぼちゃ・種取り用のズッキーニなどを喰われる。
生米は喰わないと思っていたが米までやられる。
ウキー!! 腹が立つ!!

そんな中・・・
スイさんは遠足用にまきさんが焼いたかすていらの
DSCN1673.jpg
皮に残った『かす』を取るのに夢中。


さあ、味噌だ

豆を煮るのはまきさんに任せ
IMG_4511.jpg
麹の軽量や塩の準備をまきさんに任せ
IMG_4510_20140305020445277.jpg
煮た豆をミンサーでつぶすのもまきさんに任せ
IMG_4513.jpg 
私が樽に詰めましたっ!!
20140305020448226.jpg
まずは20キロ
大豆はまだまだあるぞ!!
香川から帰ったら、目指せ100キロ。


あ、
まきさんに味噌の準備をしてもらってる間に
ベドーも何とか完成しましたよ!
DSCN1679.jpg

<かん>

3年越しのベッドやっと完成!


暖かくなってきたので大工仕事を始めました。
まず手始めに私たちのBED!

これまですのこを置いてマットレスを置いてました
DSCN1660.jpg
湿気が滞留するのでちょくちょく起こしてたのですが面倒なので

とりあえず1個シングルの分が完成

DSCN1664.jpg
下には60×40cmのケースが6個入ります
ざっくりした造りですが最低限の用は果たすでしょう。
構想3年、製作時間3時間
なかなか動かないのが私の性分。
制作費は7000円くらい、意外とかかったな。

明日はダブルのほうを作ります。

<かん>

やぎもーと物々交換。

神戸にやぎもとこさんというガラス作家さんがいらっしゃいます。
知り合ったのは2年前、親しみを込めてやぎもーと呼ばせいていただいてます。
 やぎもーの作品はこちら ⇒ Ggrass may may

そんなやぎもーから小包、3回目の物々交換です。
 1回目 2回目
DSCN1629.jpg
一番に出てきたのがスイさんのスモック
DSCN1636.jpg
こちらは洋裁をされるやぎもーのお母様より

他にも次からでてくるでてくる!
DSCN1654.jpg

モーモーグラス牛乳を入れると牛柄になるグラス。
箸置きは私の希望で入れていただきました。
柚子柿・・・これは旨い。売れるほどの完成度。
DSCN1644.jpg
どれもかわいく美味しく今欲しいものばかり。

早速スモックを着てお手伝いに勤しむスイさん
DSCN1659.jpg

やぎもーこれからも末永く交換お願いしまーす!

<かん>

自給生活農家コジマさん来園されました。

昨日の朝、1通のメールが届きました。(一部抜粋)

はじめまして、コジマと申します。
私は隣の地区に住んでます、2年前に引越してきました。
我が家も子どもがおり、自給自足的なライフスタイルを目指しております。
是非とも一度農場や暮らしを見学させていただきたく、メールさせていただきました。
よろしくお願いいたします。


ほんの数百m先の、うちの2階から見通せるほどのおうち。
「どうぞどうぞ」ということで今日の夕方いらっしゃいました。

拳法の達人ひかる父さんとこうやくん
DSCN1616 - コピー

あみ母さんとみつとくん
DSCN1615.jpg

ガスは通さず、薪で煮炊きされているということ。
聞いてみると大型のクッキングストーブを持ってるそうで
画像を見せてもらったのですが温水まで作れる優れもの。
ウチも欲しいなぁ。

つぎは電気を自給して、トイレもバイオトイレにしたいと。
私たちは特に食べ物に執着しているのですがさらに先行ってます。
すごいなー。

最後はみんなで

DSCN1618.jpg

こんどはどぶろくもって遊びにいきまーす。
酔っ払っても歩いて帰れるしね♪

<かん>

晴天が続きます。

昨日にひきつづき、ミユウさんユキコさんと過ごします。
天気も昨日に引き続き快晴!

遅めの朝ごはんのあと、圃場見学

ここは麦&玉ねぎ&にんにく畑
DSCN1508.jpg

ぼくはズバリ車中放置、されてるけどね
DSCN1506.jpg

ニンニクの芽もそろってきましたっ!!

DSCN1513.jpg

しかし、かなり鹿の足跡が・・・
これは早いとこ電柵で囲わないとやられるなぁ

家に帰って、絵合わせカードで遊んでもらい
たいへん持ち上げられスイさん上機嫌。
DSCN1524.jpg

そして夕方
お2人は帰っていきました・・・
DSCN1531.jpg 
ほんまおおきにですぅ


ちょうどそのとき
近所の同い年のミユウちゃんが通りかかりました
DSCN1561.jpg
ミユウちゃんがとびっきり女の子らしいのもありますが
スイさんどうみても男の子ですわね~

<かん>

→続きを読む

ミユウさんユキコさんが来ました。


にゃあにゃあにゃあのネコの日
新潟糸魚川と京都市内からまきさんの友人が来ました。

まきさんの学生時代のバイト先で出会ったミユウさん
ミユウさんのかつての職場で一緒だったユキコさん
こうした昔のつながりで遊びに来てくれるんのはとても嬉しい。

二人からのお土産
レイさんに絵本
スイさんにあめちゃん
まきさんにカンパーニュ用バヌトン(発酵かご)
みんなに干物と純米酒『男山』

的を射たさすがのチョイス!!

2人とも話が面白くてしゃべりっぱなし
スイさんレイさんの子守もしてくれて助かりました。

晩御飯は
DSCN1464.jpg 
もちろん鴨鍋 
シメは園部の讃岐うどん屋『さか栄』の生めんで。
鴨3羽分、すっぺりいただきました!!

たくさんで食べるごはんは美味しい。

<かん>

角せいろが届きました。


待望の、角セイロが届きました。
DSCN1453.jpg
これを買った理由は、米麹用の米を蒸すため。
一辺39cm、一段3.5升が蒸せます。

今まで2段で3升のアルミせいろを使っていたんですが
べちゃべちゃしたり着色したりでどうも歩留まりがよろしくない。

我が家の麹室は一度に9升の仕込が出来るので大幅に時間が短縮できます。
IMG_1070_20130313233100_201402250515004f2.jpg
 撮り忘れたので昨年の画像です

良い値しましたが仕上がりは上々。
かぶら蒸しなんかも9個いっぺんに蒸せるので大人数のお客様にも対応できます。
買ってよかったな。


米を蒸しながら一方で

DSCN1460.jpg
鴨の解体を継続中。
こちらは全て自家用、我が家の1年分の食材です。

<かん>

鴨のセルヴェルを食す。


愛子さんが来てスイさんを見てくれているので
鴨の解体怒涛の28羽を決行いたしました。

いつもの風景ですが

お湯を沸かし
湯の準備

沸くまでの間にのりさんの用意してくれたお昼をいただき
おひる「

羽をむしる
羽むしり


その横で私は別の湯を沸かしております
湯沸し
鴨のセルヴェル(脳みそ)を食べるため

取り出した生セルヴェル
生セルヴェル

セルヴェルの処理は早さが勝負です。
しめたあと2時間以内に処理をしないと溶けてしまうのです。
冷水にとる
沸騰した湯にサッとくぐらせ氷水に取り、外側を固めます。
DSCN1436.jpg
完了。 これで28羽分


まきさんがソテーしてくれました

DSCN1442.jpg
火を入れすぎてしまい、本来の風味は味わえませんでしたが白子のような感じ。
DSCN1444.jpg
これはうまい!

次回は鹿セルヴェルに挑戦してみます。

<かん>

スイさん、新しい服をせしめる。


今日から叔母の愛子さんが来ています。
愛子さん、今回スイさんに大量の服を買ってきてくださいましたっ!
これまでスイさんの服は下着以外はすべてお下がり。
使いきれないほどあるので困ってはいなかったのですが、やはり

新しい衣服はテンションが上がるようで・・・
DSCN1422.jpg
お風呂から上がってパジャマではなく下ろしたてを着たがる

しかしスイさん
DSCN1415.jpg 
どこの現場にいかはるんですか?
ズボンのすその上に靴下が・・・
この姿を見て建築現場のアルバイトをしていた頃を思い出しました。


うちの母は子どものころ、元旦にはいつも下ろしたてが用意されていたそうです。
年末から箪笥の前に新しい服を畳んで置いてあり、それを眺めながら正月を今か今かと待ちわびていたとか。
考えただけでも楽しくなります。

私は3男坊で、お下がりばかりで新しい服はほとんど買ってもらえませんでした。
覚えてる範囲では小学校の入学式と6年生の時との2回だけ。
しかしこういう思い出があるのは幸せやな~と思います。

<かん>

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。