スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン練習中・・・

朝の朝食はボーシュマンでいただいたパン・オ・レのサンドウィッチ♪

image_20130902063449eca.jpg
美味しい♪


そしてこれが練習パンNo.2
写真
・・・・・・たまごぱん?


なんといっていいのやら…。
ホシノ天然酵母と少量のドライイーストでオーバーナイト発酵させたらこんなことに。
思ってたよりも室温高かったようで、朝起きたら一目で分かる過発酵でした。

もったいないので無理やり焼いたけど。

こんなパンでもスイちゃんは食べてくれました。(梅ジャムたっっっぷりつけて)


で、余りにも出来がひどかったのですぐにもう一度仕込む。

練習パンNo.3  カンパーニュ。
image(1)_20130902063452384.jpg
今度はクーラーボックスに保冷剤入れて、なるべく温度を抑えて10時間ほど発酵。
成型は一応…できた。

が、焼き上がりはこのとおり
image(2)_2013090206345541c.jpg
一見少しは膨らんだが…

image(3)_20130902063454cd1.jpg
真横から見るとこんなもの。
1cmくらい上に上がったんだね。


断面。
image(4)_201309020645266ac.jpg
味はまあ、悪くないです。
見た目ほど固くもないし。
このぐらいなら食べるのも苦ではない(笑)

しかしこの釜伸びの悪さ。
発酵の見極めがやっぱりイマイチなんだろうなあ。

道はまだまだ遠い!


< まき >
スポンサーサイト

いちじく週間はじまります。

まくわがピークを過ぎた今日この頃ですが
次の波が押し寄せています。

ここに
ichijiku1.jpg
いちじく!

こちらにも
ichijiku2.jpg
いちじく!!

昨年は7月中頃から取れていたのに今年はやっと初物
今年の春にまきさんがかなり豪快に剪定していたのでそのせいか。

実食
ichijiku3.jpg 
ichijiku4.jpg
このこ、ジャムの時は快く食べていたのに
果実は微妙な顔をしておりました。

この先2週間くらいは楽しめるかな?
しかし素人剪定は恐ろしい・・・

<かん>

ボーシュマンでランチ♪2013夏

日は妊婦健診なり。
出産まで3ヶ月を切りました。
あっという間だなあ…。

産婦人科は篠山なので、帰りにかんちゃん・母・スイちゃんと合流して篠山のフレンチレストラン「ボーシュマン」でランチすることになりました。

写真
冷たいスープ。
かぼちゃと山羊ミルクのスープ。
甘すぎず、かぼちゃの味が良く出てて美味しい。
浮身のかぼちゃのロースト?が美味しかった。

suip.jpg
スイさんはパンとスープをいただきます♪
間違いなく好きな味。

image_20130831002327b83.jpg
メインは篠山鶏と夏野菜のエチュベ。

エチュベとは・・・
エチュベ(étuver). フランス料理で、水やダシ汁を使わず、素材の水分だけで蒸し煮する料理法。または少量のダシ汁で、素材を蒸し煮する技法をエチュベと言う。

おや?
では夕べのご飯もエチュベ?

IMG_4052.jpg
夕べのご飯。
こばたけ鶏と夏野菜のエチュベ。


パンは山羊ミルクで作ったパン・オ・レと全粒粉入りパンでした。

追加で冷製麺も。
image(1)_2013083100232771b.jpg
モロヘイヤ・花オクラと自家製ベーコンの半田麺の冷製。
ねばねばの中にガーリックチップがアクセントになっていて美味しかったです。
あっもうスプーンが伸びてる…

写真(1)
のはやっぱりこの人。


デザートは
image(2)_2013083100313725e.jpg
山羊ミルクアイスとチョコアイス・チュイール添え。


そしてマドレーヌ♪
image(3)_201308310031428b5.jpg
最近マドレーヌがかなりお気に入りのスイちゃんの胃にほとんど収まりました。

今日も美味しゅうございました♪
スイちゃんもだいぶ長い間座ってご飯を食べれるようになったし。



夜のデザートはみなみくんちにいただいたこれ。
image(4).jpg
喜界島マンゴー!

すっごい熟れてて、今まで食べたマンゴーの中で一番甘くて美味しかったです。
ありがとう、みなみくん!!

< まき >



自家小麦でパン、再び。

なかなか自分ちの小麦で美味くパンが焼けません。

品種のせいというのもあるとは思う。

でも腕がよければもっともっと美味しいパンが焼けるはず。


以前から何度も焼いてはイマイチなパンで、そのうち嫌になって焼くのを止めて、というのを繰り返してきたんだけど、最近またパン焼きたい熱が再燃してきました。

で、再び挑戦。
今回はバゲット生地でクッペ。
バゲットより成型が簡単なので初心者レシピです。
たくさん生地仕込むと失敗した時辛いので、少量でもとにかく回数をこなしていくことにしました。

ど下手で恥ずかしいというか、こんなの載せてどうするんだという感じだけど、これからの変化に期待ということで、じゃんじゃん載せてしまいます!

IMG_4045_20130828234103de1.jpg
焼成前。
クープが下手ね…
生地も張りがないというか、だらーんとしすぎ。

IMG_4048.jpg
焼き上げると、上からみたら多少クープが開いてるけど

IMG_4049_20130828234112b20.jpg
横から見るとぜーんぜん上に伸びてない。

IMG_4050.jpg
断面。
ちょっとだけ気泡はあるけどね…。

試食すると、これがそんなに悪くない。
ちゃんと発酵した味がする。
過発酵の酸っぱさはないし、発酵不足のイースト臭いというか粉っぽい香りもしない。
クラム(内側の部分)はしっとりもっちりと言う感じ。

いくつか自分でしてて改善点も見つかったので、またチャレンジします。


で、本日の晩御飯。

IMG_4052.jpg
こばたけコーチンと夏野菜のトマト煮込み。
水を一切入れず、トマトと野菜の水分だけで圧力鍋で煮る。
早くできて美味い!
コンソメなどを入れなくても野菜の旨味たっぷりでスープまで美味しい。

IMG_4053.jpg
夏野菜のサラダ、コーンポタージュ、ずいきの酢の物、そして焼きとうもろこし。
長兄が送ってくれた北海道の白いとうもろこしがたくさんあったので、バター醤油で焼きとうもろこしとポタージュにしました。

とうもろこし好きのこの方は…
IMG_4057.jpg
ガツガツ。

結局3回もお代わりしたのでした。

< まき >

梨を収穫しました。

年前に植えた梨が今年初めて実をつけました。
今日はそいつを収穫いたしました。

我が家の梨
nashi1.jpg
一個!

梨は受粉樹が必要な果樹で、1本だけ植えても実が成りません。
2本の異なる品種を植えないと受粉しないのです。
ウチの果樹園には幸水と豊水を1本づつ植えました。

ところが!
今年豊水には花が咲かず、1本植えと同じ状況だったのです。
それでも1キロ近く離れた近所のHさんの梨と受粉したようで。

小さいけど初収穫
nashi2.jpg 
少し水っぽい感じでしたが美味しかったぁ

梨は夏にしか食べられない特別な果物
これが毎年食べられるなんて夢みたいです。

近所のHさんは梨のほか桃や葡萄を植えています。
以前植え方やコツなどを教わっていたときにこうおっしゃていました。
「ウチの子は3姉妹やさかいな、果物植えといたら嫁いでも
『おいしいのなっとるから取りに帰っておいでや』って言えるやろ?」

ってなんか、ジーンときますね。

ウチは誰が継ぐかわかりませんが
帰ったらうまいもんがいっぱい食べられる家にしたいですね。


に入ると
昼寝をしているはずのスイさんがひとりでごそごそしてます。
kossori1.jpg
母親は夢の中ですが・・・

見ると手に雷おこしを4つも握っています。
こっそり菓子を食べるようになったなんて、成長したなぁ
kossori2.jpg 
しかしまあなんとこのずるがしこい顔。


本日の虫
tamamushi1.jpg 
tamamushi2.jpg

生きているのを見るのは年に数回しかありません。
見つけると幸せな気分になります。


◇本日のごはん

IMG_4041.jpg
昨日みなみくんが置いてってくれた鱧の中骨で濃厚出汁を取って、鱧の葛叩き椀仕立てと、出汁後の中骨から身をせせって胡瓜と鱧の酢の物、そして焼き茄子
夏感満載で美味しい夕食でした♪

<かん>

鱧会2013。

今年も南くん出張鱧会を開催しました。
  昨年の様子は⇒こちら

今回もファミリーで来てくれました。

そしてやっぱりお土産ぎょうさん!
喜界島のお砂糖や胡麻菓子・黒糖焼酎やマンゴー♪



板さん早速仕込みに入ります。
IMG_3992.jpg
渾身の鱧の骨切り!
IMG_3994.jpg
初めて生で見ました。
骨が切れるざっざっざっという音がリズミカルに響きます。
IMG_3993.jpg
こんなにたくさん!ううう楽しみ…


こどもたちはエミハウスであそびます。
IMG_3996.jpg
電気の入ってないスロットマシーンにコインを入れては出てくるのを喜ぶ子たち。



その間おとうちゃんは鱧の焼霜造り中!

IMG_3997.jpg

IMG_3998.jpg
真剣な目の板さん…
IMG_3999.jpg
の背後になぜか真剣な目のかんちゃん…


鱧会スタート!!

鱧の焼霜造り

IMG_4001.jpg
梅肉でいただきました♪
鱧の上品な甘味がなんとも言えませーん。

しゃぶしゃぶ
IMG_4008.jpg
特製出汁がまたんまい!

IMG_4010.jpg
しいたけばっかり食べる子。

IMG_4029.jpg
鱧がまだまだあるということで急遽鱧の天ぷらもしてもらう。


鱧の出汁がたっぷり出たところでソーメンを入れ、

最後は鱧子をたまごでとじます
IMG_4035.jpg
ふわふわに鱧の風味…優しくも濃厚なお味。


年に一度の鱧会。
今年も美味しくいただきました。

こどもたちは途中でまくわうりを食べたり、スイカを食べたり。
IMG_4020.jpg
初めて収穫した小玉スイカ。
ちょっと早かったので甘さ控えめですが子どもには十分だったようで。

IMG_4022.jpg
スイさんはこんなところまで…スイカも本望。

ユーダイくんとスイさんはお昼寝もせず、遅くまできゃっきゃ遊んでました。
最後はさすがに持たずコテンと寝落ち。


IMG_4037.jpg
お返しは南君ちで冬の鍋
鴨&ぼたん鍋でね~

< まき&かん >



はじめての地蔵盆

今日は地域の地蔵盆

私の出身地、香川では聞いたことなかった。京都市内に来て初めて知りました。

と言っても学生時代・独身時代は参加したことなく。

よくニュースで見たイメージとしては、

・街角のお地蔵さんにお供えをして

・子どもたちが集まって

・お菓子をもらったり花火をしたり?


という感じ。


で、地域の地蔵盆は

・地域のお寺のご本尊にお供えをして飾りつけ

・夕方からは野菜の天ぷらをあげてみんなで食べて(呑んで)

・夜からは子どもも集まって数珠繰り(数珠回し)

という流れらしい。

去年はスイちゃんもまだ1歳で、夜は6時とかに寝てたので不参加。
今年初めて参加します。


IMG_3956.jpg
立派に飾りつけられています。
茄子の飾り切りの切り方とか、いろいろあるらしい。

IMG_3957.jpg
この棚には地域のそれぞれの家の名前と、ずいきと洗米と塩がお供えされています。


数珠繰りの前に
IMG_3964_201308252324191bf.jpg
親戚のおじちゃんに抱っこされる。
「かあちゃーん かあちゃーん
と半泣きになるものの、爆発までいかずに持ちそうなので遠巻きに見てみる。


いよいよ数珠繰り開始。
この大きな数珠はなんでも江戸時代からあるものだそうで…
一年に一度みんなの手で磨いてるのでぴっかぴか。
IMG_3968.jpg
…というか子どもはスイひとりなんですが…
最初は何が起きてるのか良くわからずきょとんとしてますが

IMG_3976.jpg
そのうち数珠を回し始め…

IMG_3981.jpg
最後は楽しくなった様子。


「南無阿弥陀仏」とひたすら念じながら1時間弱ほどかけ、100回まわして終わり。

途中から近所の子が二人参加しましたが、しかしちょっと寂しいな。
これからもっともっと増えると良いなあ。


そうそう、スイちゃんは朝「今日は数珠繰りに行くよ~」と言うと、

「じゅずくりーむたべたい♪じゅずくりーむたべたい♪」

と嬉しそうに言っておりました。

シュークリーム、何ヶ月か前に食べたのまだ覚えてたんだね

< まき >

2013稲診断 ②

今年2回目の稲診断。

『こばたけのお米』ずいぶん育ってきました。
あきたこまち、イセヒカリは穂が出始めたので合鴨を上げました。

あきたこまち田ではモンガレ病がちらほら・・・
monngare.jpg
倒伏も出ています。合鴨の肥効かな。
ヒエの多いところも出てきました。

今回もデータのみですので備忘録ってことで。
合鴨は8月24日現在の数です。

①クロノモト北 40.24  
7/23kuroK_20130825155413d61.jpg
kuroK_20130825172423555.jpg
品種 あきたこまち
田植 6/11 
合鴨投入 6/21 (8/11引き上げ)
出穂 8/3
被害 モンガレ病・倒伏

②クロノモト南 25.45
7/23kuroM_201308251554392c6.jpg
kuroM_20130825172423dd0.jpg
品種 あきたこまち
田植 6/9
合鴨投入 6/11 (8/11引き上げ)
出穂 8/2 
被害 モンガレ病・倒伏

③ゴタンダ 28.83
7/23gotanda_20130825155408675.jpg
gotannda.jpg
品種 あきたこまち
田植 6/14
合鴨投入 6/21 (8/5引き上げ)
出穂 8/8 
被害 ヒエ

④サイノキ北 28.33
7/23saiK_20130825155440e70.jpg
sai54.jpg
品種 あきたこまち
田植 6/13
合鴨投入 6/21 (7/24引き上げ)
出穂 8/6 

⑤サイノキ南 27.51
7/23saiM_201308251554438bc.jpg
sai55.jpg
品種 あきたこまち
田植 6/13
合鴨投入 6/21 (7/24引き上げ)
出穂 8/6

⑥タンダ 37.88
7/23tanda_2013082515544074d.jpg
tannda.jpg
品種 京都旭1号
田植 6/18
合鴨投入 6/27 30羽 → 45羽 
被害 いもち病

⑦ホリガマ19 15.56 
7/23hori19_20130825155411f4b.jpg
hori19_20130825172244267.jpg
品種 京都旭1号
田植 6/24
合鴨投入 7/3 8羽 → 現在 18羽

⑧ホリガマ22 10.00
7/23hori22_20130825155413bc9.jpg
hori22_20130825172342aed.jpg
品種 京都旭1号
田植 6/24
合鴨投入 7/3 5羽 → 現在 14羽

⑨ヤマダ12 13.11
7/23yama12_201308251554521dd.jpg
yamada12.jpg
品種 イセヒカリ
田植 6/24
合鴨投入 7/8 (8/22引き上げ)
出穂 8/20

⑩ヤマダ13 11.45
7/23yama13_201308251554559d8.jpg
yamada13.jpg
品種 イセヒカリ
田植 6/24
合鴨 7/8 30羽 → 現在 22羽
出穂 8/20

⑪ヤマダ14 10.26
7/23yama14_20130825155456565.jpg
yamada14.jpg
品種 イセヒカリ+あきたこまちの余り苗
田植 6/24
合鴨投入 8/11 65羽
出穂 8/15~20 

⑫コヤマ 7.00
7/23koyama_201308251554150f9.jpg
koyama_20130825172344755.jpg
品種 イセヒカリ
田植 6/24
合鴨投入 7/4 (8/15引き上げ)
出穂 8/20 

⑬ヤブネ 5.7
7/23yabu_20130825155438d70.jpg
yabune.jpg
品種 新羽二重糯
田植 6/29
合鴨投入 7/4 (8/10引き上げ)

<かん>

激デカ芋虫。

夕方から大雨の予想なので
まきさんと少し遠くにある畑に行きました。
ここでは肥料を全く入れない自然栽培をずっと続けており
余分な肥料を施さないことで害虫の発生を抑えます。

必要なところはまきさんがちょこっと抜いたようですが
何も植えてないところは雑草が2メートルもなってます!
ここまでいくとトラクターで鋤けないので草を刈りました。
で、2時間ほどで草刈り終了。


畑の見回りをしていると・・・

「なんじゃあこりゃあ!」

激デカ・・・
2010110104172481e.jpg
これまちがい

激デカ芋虫!! 長さは約10センチございます
kuromen2.jpg

威嚇バージョン
kuromen1.jpg

むしっては遠くに投げるまきさん
kuromen3.jpg

いやいやそれもったいないじゃん!
つうかそのうち帰って来るじゃん!!!


貯めて
kuromen4.jpg

とりさんに献上
kuromen5.jpg

取られないように逃げ回るひと
kuromen6.jpg

数分で見事に無くなりましたっ!



に帰って調べると胡麻につく緑の芋虫は
コピー ~ kuromen7
この映画の『蛾』なのだそう。
20代以上の方は見覚えあると思いますが・・・

そしてこの蛾の名前
kuromen7.jpg 
クロメンガタスズメ
と言うそうです。

<かん>

激長南瓜。

日は豆&ウリ科畑の草刈り

写真
これが畑の入り口から臨む景色。
白大豆と青大豆が元気に育っています。
ちょっと背丈伸びすぎなくらい。
で、左側の畦際を刈っていくと…

image(1)_20130824170727e08.jpg
大豆の右側に植えた南瓜が大豆に乗り上げ…

image_20130824170719916.jpg
大豆を乗り越えて斜面を下っています!!
下の田んぼの稲まであと2メートルほど。
そろそろ先切らないと稲に絡まっちゃうかしら。
全長15mは超えていると思われます。

写真(2)
ちゃんと南瓜もなってる。
打木赤皮栗南瓜。


写真(1)
これは本日の収穫。
北海道南瓜。
そろそろいいかなーと触っていたらヘタがポキッと折れた。
しばらく追熟させて食べます。

しかし南瓜の伸び方はすごい。
実は右側に植えた黒大豆も乗り越え、そちら側にも10mほど伸びています。
動かしても良いんだけど、蔓の途中から根っこが出て地面に刺さっているのでこれを取ると栄養を吸収できない気がする。
なので放任します。
どこまで伸びるかな~♪

< まき >
完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。