スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米酵母でパン焼き

昨日できた酵母で早速パン焼き。

中種法で作ってみます。
*酵母液を直接入れて生地を作るストレート法と、一旦小麦粉と酵母液を予備発酵させてから作る中種法があります。


で、1stチャレンジ
IMG_0167.jpg
丸パン。

…スライムみたいな形…。
一見そこそこ膨らんでそうだけど横から見るとあんまり膨らんでません。

そして食べると、酸っぱい!!!

噛み締めると変な酸っぱさが強烈にきます。

玄米酵母は発酵温度が高いと酸味が出やすいとどっかで読んだけど。
二次発酵オーブンで30度でしたせいだろうか。
一次発酵は良かったのに二次発酵はあんまり膨らまなかったしなあ。


で、2ndチャレンジ!

IMG_0246.jpg
柚子ピール入り。

今回は二次発酵も一次発酵も室温でやってみました。
時間はかかるけどちゃんと膨らむ。
むしろ二次発酵時間かけすぎてやや過発酵か?

でも膨らみは前回よりは良い。
そして味は、酸味はなくまずまず美味しい。

とは言ってもまだまだまだまだ理想の味にはほど遠い。


まだまだチャレンジは続きます。


◇ソラリーノ・はるぽっち・なっちょこからの贈り物◇

IMG_0211.jpg
かわいいボールが届きました♪

これならそうとうハードに扱っても破れないね。
ありがとう!

< まき >


スポンサーサイト

玄米酵母をつくる再チャレンジ

先日培養しようとした発芽玄米酵母

はいまいち発酵が弱く…
泡だってはきたものの、横ばい状態。
ためしに小麦粉と混ぜて中種を作ってみたけどちっとも膨らみませんでした。

こりゃ失敗したなーと、もったいないけど見切りをつけて。


2ndチャレンジ。

参考にしてたのはこの本です。
玄米酵母でつくる カナパンの本 ~しっとり、もっちり、具がたっぷり!~玄米酵母でつくる カナパンの本 ~しっとり、もっちり、具がたっぷり!~
(2012/02/23)
小西 香奈

商品詳細を見る


この本の中では、「発芽玄米」ではなくて「玄米酵母」です。

発芽玄米のほうが強力な気がして仕込んだんだけど、発芽玄米作りの段階で失敗してたのかどうなのか・・・。

とりあえず今回はテキストに忠実に、一晩水に浸けただけの玄米で同じように仕込んでみました。

そして3日目。
IMG_0122.jpg
前回とは明らかに違う!
水面の泡が多いし、フタを開けたときの底から出てくる気泡も多い。

試しに中種を仕込んでみたところ、時間はかかるけど膨らんできました。

明日は試作できるかな。


今日はこれも仕込みました。
IMG_0142.jpg
自家製柚子酢と柿酢で、ポン酢。


そして夕食は、
IMG_0144.jpg
昨日みなみくんちでもらったまぐろのカマでねぎま鍋と、もらった紅芯大根と胡瓜のぬか漬けとうちのぬか漬けの盛り合わせ、鰆の酢〆ちらし寿司。

最近ぬか漬け大好きになってきました。
美味しくなるようにどんどん漬けないと。

〈 まき〉

みなみくんち2013 の①

みなみくんは割烹の板前です
今日は 私・まき・スイ で1年ぶりにみなみくんのおうちに行きました。
 去年の様子は⇒コチラ

先に食材をみなみくん宅に預け、奥様と私たちは出掛けます。
廃校になった小学校で「チャイルドカット講座」があるのです。
講師は京都の伏見にある「Peace of hair」の赤松さん。
店舗のほか訪問カットもされているそうです。
DSC_0039_3.jpg 
初めての子はお店に来ても泣きじゃくり、切れない事が多いそう、
そうならないために、家でのカットの練習の仕方を教えて下さいました。
DSC_0040_2.jpg 
スイは毛が細く少ないのですがなんとか筆を作りたく、
私の父の趣味の能面用の面相筆くらいならと思って聞いてみると
「少ないですけど、丸刈りなら筆は作れるでしょう」と。
赤松さん、男の子だと勘違い(>_<)
丸刈りは可愛そうなのでもうしばらく伸ばしましょうね。
DSC_0044_1.jpg


みなみ邸に戻り
こばたけコーチンのすき焼き
DSC_0051_2_20130201001856.jpg
DSC_0050_2_20130201001843.jpg 
むむっ、やはりウチのコーチンの肉は旨い!
みなみくんの味付けも上品でございました。

そのほかにも
・てっぴ(ふぐ皮)の明太子和え
・かずのこの辛子マヨネーズ和え
・キノコと牡蛎の蒸し焼き

DSC_0052_2.jpg
などなど盛りだくさん♪

本日のスぺッシャル

マグロ解体で入手して来てくれた頭
DSC_0049_2.jpg
こちらはオーブン焼きと寿司に変身! アナゴ寿司添え
DSC_0056_1.jpg

この後は豆乳のデザートにDali’kのアイスに
どんだけ入るねん!ってくらいたらふくゴッソーになりました。
ほんまに私、シアワセでしたっ!

食べられない子供たちは障子破りで抗議!
IMG_0111.jpg

春までにもっかいやりたいねー
今度は鹿かそれとも熟成アヒルか・・・

またよろしくみなみく~ん!

<かん>


鹿ミンチ量産。

初めて鹿の解体をしたのは3年前。
ネットや本を参考に見よう見まねでやっていたものだから
膀胱や腸を破って食べれなくなってしまったり
肉に毛や汚れが付いて残念な見ためになってしまったり
随分食べれるところを捨てしまったりしていたものだ。

あれから10頭以上さばいたがそれなりに上達はしたと思う。
命をいただくわけだから食べれるところは食べるのが鉄則、
今では皮の近くの薄い肉や横隔膜も利用するようにしている。

ウチには「酵素くん」という電動ジュウサーはあり
この機械にはミンチを作るアタッチメントもついている。
前は手動のミンサーを使っていたけどこちらの方が楽なのです。
DSC_0024.jpg
ただ、見た目が・・・

ミンサーに通す前には下準備をしておくとよろしい、
小肉のすじを取って、小さく1センチの角切りにしておく。
不精をすると機械に詰って結局時間がかかってしまう。
DDSC_0027_5.jpg
ただ、見た目がなんとも・・・・・・

今回、ウデ肉・小肉・くず肉で合計4キロのミンチが出来た。
鹿肉のミンチは旨みがあって塩だけでも美味しいハンバーグが出来る。
麻婆・ロールキャベツ・餃子など、どんな料理にもよく合う。

みなさまのいいものと交換大歓迎で~す!

<かん>


携帯大捜索

昨日、久々に鹿がワナにかかったということでかんちゃんは出動しておりました。
DSC_0017_2.jpg

そして内臓を抜いた鹿は、冷やす&ダニを殺すために冷たい川に浸けておりました。
DSC_0020_4.jpg

「今日は天気いいし鹿解体するわ~」

と出かけたかんちゃん。

30分後。
スイと昼寝でもしようかな~といちゃいちゃうだうだしていた私のところへ浮かない顔をしてやって来た。

かん「携帯貸して・・・」

まき「ん?また携帯どこいったか分からんようになったん?」
(しょっちゅうどこかに置き忘れるかんちゃん。)

かん「うん・・・。鹿、取りに行く時には持ってたんやけどなー。帰ってきたらないねん・・・」

まき「えっ。それって川で落としたってこと?」

かん「うーん。とりあえず探してくる。」


30分後。

再び戻ってきて、今度はパソコンを起動させるかんちゃん。

どうやら見つからず、GPSで探してみることにしたよう。

がしかし、事前設定が必要らしくGPS検索機能使えず。


再び二人で川へ携帯を探しに。
かんちゃんが歩いた道を鳴らしながら歩く。
鹿をつけた場所で耳を凝らす。

IMG_0089.jpg
かん「なんか音楽かかってる!!」

IMG_0085.jpg
あっ!!!

IMG_0086.jpg
あった~

防水携帯で本当に助かりました。
今度は気をつけてね!


鹿と言えば・・・
先日仕込んだ鹿の生ハム ⇒仕込みの様子はコチラ
DSC_0029_5.jpg
断然凄みを増してきましたヨ。うまそーだ!

玄米餅100%

もちの注文が入ったのでもちをつきます。
切り餅で白い餅、黒豆餅、そして玄米餅。
今日は玄米餅の作り方を紹介します。

玄米は薄皮があり吸水しにくいのでそこが白餅と違うところ。
玄米餅の作り方にも色んなレシピがあります。
・玄米を4~5日浸水してつく。
・少し精米し薄皮を削った胚芽米状態にしてつく。
などなど。


ウチではまた違った方法でついています。


1 精米機にかけ胚芽米にする(ヌカは捨てずに取っておく)

2 胚芽米を6~8時間浸水する。

3 ざるに30分ほど上げて水を切る。

4 餅つき機で蒸す(2升の場合、約45分)

5 蒸し終わる10分前に取っておいたヌカを入れて蒸す。

DSC_0023_5.jpg 投入直後
DSC_0024_6.jpg 蒸しあがり

6 蒸し終わったらつく(約10分)
DSC_0026_4.jpg つき始め
DSC_0027_5.jpg つきあがり

この方法だと普段と同じ浸水時間で100%玄米餅が作れます。
玄米餅は甘みがあって美味しい上に栄養豊富です。
是非一度お試しくださいませ。

200キロ近く獲れた新羽二重糯もあと30キロになりました。
ご注文いただいた皆様、ありがとうございました。

<かん>


毎日はみがき

今日は雨。
まきちゃんに棚の塗装をしてもらいました。
母屋棚塗装1


私は・・・

スイと遊んだり
スイと昼寝したり
スイと相撲を見たり


そういえば
わたしの仕事ありました

はみがき01 
はみがき02 
はみがき03 
はみがき04 
はみがき05 
はみがき07 
はみがき07.5 
はみがき09.5 
はみがき09 
はみがき08 
はみがき10 
はみがき10.3 
はみがき10.5 
はみがき11 
はみがき12 
はみがき13 
はみがき14 
はみがき15 
はみがき16

「しゃかしゃかするよ」
って言ったら
いそいそと歯ブラシを取りに行き、

そのくせ
磨き始めるとひどく抵抗し、

終わったらケロッとしています。

そして、
なぜか私にだけしかさせません。

おかしなスイ。

<かん>

農地の利用権設定をする

月、役所で
「私、農業してます」
と言ったら
「そういう記録は無い」
と言われてしまった。

私は父名義の農地と知り合いの農地を借りて耕作をしている。
今年度からそこで本格的に米を作ってきたけども
「私、農業してます!」
と宣言するだけでは国に農家として認めてもらえないらしい。

日本の市町村には農業委員会という行政委員会が設置されており
・農地が農地として適切に使われているか
・農地に勝手に家なんかを建てていないか
・農業する資格を満たしていない人が農地を取得していないか

なんかを目を光らせて見張っている。

だから他人名義の農地で耕作するときにはその持ち主に
「私の○○にある農地をコバタケさんに○年間借します」
と書いた申請書に署名と捺印してもらい、
該当する農地の要約書を添えて農業委員会に提出する。

すると
「この人は農地を荒さずに作物を作ってくれるかどうか?」
ということを2週間かけて調べ
「うん、このひとなら大丈夫なんじゃない?」
となれば晴れて
コバタケさんは○○さんの農地を借りて農業をしています
という情報が国のコンピューターにインプットされるのである。
まどろっこしいようだけど
新規就農したけどもやっぱ僕、農業ムリ
なんて言って農地がほったらかしにされるのを防いでいる。


規就農給付金の関係もあり、今年に入って
私が耕作している田畑の利用権の設定とやらをしてみることにした。

<農地の利用権の設定の申請手順>
1 農地の所有者に公的に農地を借りる旨を了解してもらう
2 農業委員会か農業委員会のHPから『利用権の設定の申請書』を取得する
3 法務局で当該の農地の要約書を取りに行く(手数料一筆500円)
4 所有者と相談して申請書に必要事項を書き入れて双方署名捺印する
5 申請書に要約書を添えて農業委員会に申請する(毎月20日締切)


とまあこんな感じ。
3にある要約書だが、1筆につき500円の手数料が馬鹿にならない。
今回21枚の田畑を申請したのでそれだけで1万を超えてしまった。

書類に不備がなければ来月5日には晴れて公的に農業者となる。

法務局庁舎内は無許可での撮影禁止
DSC_0015_1.jpg

やっとのことで隠し撮りした1枚
DSC_0018_1.jpg

余談ですが・・・
申請書類にはよく『捨て印』てのがありますね。
私、恥ずかしながら
「捺印が読み取れない時の為に予備に押す物」
となんとなく思ってましたが、
「軽微な間違いについては他人の修正および加筆を認めます」
って意味なんですね。
「軽微」といっても、実際はどんだけ書きなおしても構わないらしい。
まあ公的な書類で役所の人が変に書き直すことなんて無いでしょうが
例えば連帯保証人なんて書類になると大変なことになりかねません!
いやぁ、捨て印の意味ここで知ってよかったな。
まあ、私に「連帯保証人になってほしい」という話がきても
1000%お応えできませんが・・・・

<かん>

スイちゃん初めてのお料理。

スイちゃんは皮を剥くのがだいすきです。

よく、根菜入れのボックスを開けては、にんにくの皮を剥いたりたまねぎの皮をむいたりしています。
(剥いた皮は当然床に散乱してます
みかんの皮を剥くのもだいすきです。

そこで!!

おかあちゃんはかんがえました。

「この子はきっとこれをむくのもだいすきなはずだわ」


渡したのは。


IMG_0039.jpg
ゆでたまご。
思ったとおりうきうきして剥いてくれる。

IMG_0050.jpg
しんけん!!

IMG_0045.jpg
検品して・・・

IMG_0049.jpg
できあがり。おじょーず!

ポテトサラダになりました♪
スイちゃん初めてのお料理ですな。


ついでに晩御飯はオムライス
IMG_0052.jpg
卵がたくさんあるのでついつい卵メニューになってしまう。
卵はかんちゃん作。お見事!!
ソースは若干失敗したケチャップに昨日の残りのチリビーンズとはたけしめじを煮込んでボロネーゼ風。

おいしゅうございました♪


< まき >

ミゾソージ2013睦月

今日は久々の共同作業、農業用水の溝掃除をしました。

午前中は比較的きれいな溝を一輪車で運びながら掃除。
午後からは山際の泥が大量に堆積した溝に移動し

ユンボを使って
DSC_0048_1.jpg

5年以上かけて溜まった泥を取り除きます。
DSC_0045_1.jpg

実はかなり強引な事をしています!
DSC_0042_1.jpg

こういう作業になると
DSC_0051_2.jpg
機械の操作が得意な人
とにかく休まず働く人
指示ばかりして動かない人が良くわかります。

本日の大物
DSC_0058_2.jpg 
DSC_0061_1.jpg
無事にダンプに積みこむことが出来ました(^u^)

きれいになった溝っこ
DSC_0050_2.jpg

こうしてみんなで作業が出来ることは嬉しいことです。
私たちの住む地区でも後継者問題は深刻になりつつあります。

ふと「いつまでみんなでできるんだろうか」と不安が頭をよぎりますが
とにかく、今できることをやるしかありませんね。

<かん> 


完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。