スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日はセコガニ&鴨鍋で

昨日・今日と掃除とおせち作りであっという間に過ぎていきます。

なんとか夕方までにおせちの準備を終え、やってきたガクちゃん一家とヨウタウロス・リウタマンゴと年越しのご飯は
IMG_9505.jpg

セコガニ!
コッペガニとも言う。ズワイガ二のメスです。
長兄からのプレゼント。生きたまま届きました。
本人はまだ園部入りしてませんが先にいただきまーす♪

う、う、美味い!
内子も身も濃厚。
以前も何度か食べましたが今回のが今までで一番美味しい。


そしてうちのアヒルで鴨鍋。

IMG_9506.jpg
かんちゃんの肉を切る&盛る技術がかなりレベルアップしとります。
まるでお店のよう。

お出汁は鴨のガラでとった出汁&合わせ出汁で。
味付けも料理人ミナミくんに教えてもらって以来レベルアップ。
かなり美味しい鴨鍋を作れるようになってきたなあ。
うちの長ネギやら白菜やら椎茸やらで野菜も本当に美味しい。


今年の締めは年越し蕎麦じゃなくて
IMG_9510.jpg
年越しうどん

いつもダシガラでお世話になっているさか栄さんにて生麺を購入。

香川県民の私はいつも年越しはうどんだったので嬉しい♪

IMG_9516.jpg
貪り食うなっちょことヨウタウロス。

しかし誰よりも喜んでいたのはこの人。
IMG_9521.jpg
びっくりするくらいたくさん食べました。


今年も美味しく一年が終りました!
たくさんの美味しい食べ物に感謝。

< まき >
スポンサーサイト

年末大掃除

年末はほんとうにどうしてこんなにばたばたするんでしょう…

毎年のことですが、あれもこれもしなきゃと次々に仕事が増えていきます。


そんなとき、一家に一人!!

IMG_9488.jpg
おそうじスイちゃん

IMG_9483.jpg
雑巾がけもしてくれますヨ♪

< まき >

自家製かまぼこ今年も。

かまぼこ
この食べ物ほど材料の原型が分からない食べ物もありません。
かまぼこの基本の原材料は白身魚と塩だけです。
しかしそれで作ったものは200gで1000円くらいするんですね。

それなら自分で作るべし!

<かまぼこの作り方>
1 白身の魚の身を擦り鉢で擦りおろす。
2 すり身の1~2%の塩を加えてさらに擦る。
3 成型する。
4 蒸す。

じつは去年も自分で作ったんですが ⇒その様子はコチラ
そのレシピは小麦粉や卵黄を加えたものだったので今年は塩だけで。

早速始めましょう。

<材料>
鯛のあら 4尾分


鯛は今の時期べらぼうに高いのであらから身をせせります。
DSC_0010_1.jpg

400gくらい取れました。
DSC_0011_2.jpg

せせった身を氷水で洗いこれで余分な脂やうろこを落とします。
そのあとはざるで水を切り、タオルでしっかり水分を吸わせてください。
DSC_0014_2.jpg

すりばちで細かくなるまで擦ります(10分ぐらい)。
DSC_0019_2.jpg

細かくなったらすり身の2%の塩を加え練ります。
だんだん弾力が出てきます。
DSC_0022_2.jpg

これにつめます。
DSC_0023_1.jpg
竹をわったものにラップをはりつけたもの。
詰めたあと1時間ぐらい常温に置くとぷりぷりになるそう。

15~20分蒸します。
DSC_0027_2.jpg

蒸しあがって膨らんだかまちゃま。
DSC_0028_2.jpg

冷水に取り荒熱を取ります。
DSC_0031_2.jpg

出来栄えは正月のおせち特集で!

<かん>

廃業した建設会社からいろいろもらう。

昨日のクリパで二日酔いの朝、吉田兄さんから電話がかかってきました。
「コバタケ君、今日な建材タダでもらえるからおいでよ」

ウチの近くの建築会社が廃業するので倉庫の物を持って帰っていいとのこと。
痛む頭を抱えながら早速倉庫に向かいました。
雑然とした倉庫でしたがくまなく見回って良さげなものを物色します。


写真を撮るのも忘れてGETした品々。
DSC_0005_1.jpg
DSC_0003_2.jpg
DSC_0007_1.jpg
グラスウール、キソパッキン、建築金物、建具枠材、板金、台車
合板、防水パン、化粧鏡、折りたたみテント、事務机、折りたたみ机
スチール棚、角材いろいろ、窓サッシ、中古自転車数台などなど
こんなんでも買ったらけっこうするんです。

これから加工場建設や鶏舎の増設を控えているので
今回の戴いた品々は大いに役に立ちます。

<かん>


クリパ in とめマット邸。

今日はクリパの日、1日遅れですが気にしません。

ごはんも食べる暇もなく出荷準備をして16時出発。
カリスマ鍼灸師のとめ&少女漫画研究者のまっとのおうちに向かいます。


IMG_9447.jpg
まっとさん手作りの料理たち!
ロースとポークやビーツの煮たの?とか、ミネストローネ、アボカドのサラダ、パプリカのグリーンサラダなどなど。
グレイビーソースまでちゃんと作っていて美味しゅうございました。


デザートは持ち寄りで
IMG_9455.jpg
これはデンマークのクリスマスではよく食べるというライスプディング
うちのイセヒカリでプリティ和裁職人きみちゃんが作ってくれました♪
一人だけ中にホールのアーモンドが入っていて、当たった人は結婚できるそう。
で、お約束どおりトメでしたよ。
仕込みじゃないのか?>きみちゃん


美味しいシュトーレンもありました。
私はうちの自家製抹茶シフォン持参。
なんかうちの粉で焼くと口当たりが固いんだなあ。
粉の細かさの問題?グルテンの問題?
研究の余地ありです。

IMG_9458.jpg
スイちゃんピンチ!
IMG_9460.jpg
かと思いきやご機嫌。

みんなにかわいーかわいーと言われいっぱいかまってもらってご機嫌でした。


さて、そもそもなんでクリスマスパーティーかというと。

IMG_9468.jpg
これ。
まっとさんが衝動買いした立派なクリスマスツリーを鑑賞するためでした。

アメリカからわざわざオーナメントを取り寄せただけあって素敵なツリーでしたよ。
また来年もツリー鑑賞会しようね、とめ、まっと。

IMG_9462.jpg
メリークリスマス♪
ってことで今年のクリスマスは終了です~

< まき >



くんたんを作る。

夜がグッと冷え込んできました。
園部ではマイナス5℃ほどまで下がることがあります。

人間にとって寒いのはツライもんですが、もっとツライ人がいます。
それはコバタケファームのえびいも家族たち。
根菜は寒さに弱いので収穫後、温かい所に置かないと凍えてしまう。
えびいもたちも例外ではなく5℃を下回ると徐々に腐っていきます。
去年までは毛布をかけたり、籾がらに埋め込んだりしていましたが
どうしてもかなりの被害が出ていました。

いまこそ、丹波の発明王ふくいくんに伝授してもらった方法を試す時!
えびいもが97%生き残る保存方法
えび芋ほぞん
ドラム缶の真ん中に呼吸のための暗渠用のパイプを立て、
その外側にくんたんとえびいもを交互に入れていくのです。


それではくんたんを作りましょう。

IMG_9407.jpg
くんたん器を使いますが鋼板の上で作ると後で集めるのがラク。
大豆の鞘と枝を火種にして火が燃え上がったらくんたん器を設置します。
もみがらはくんたん器の縁筒の穴が隠れるくらいまで積みます。

IMG_9409.jpg

あとは炭が露出しないように時々籾がらを被せながら全体を炭にしていきます。

数時間後・・・
被せる籾がらが無くなってきたら残りの籾がらをよく燃えている所に混ぜていき
満遍なく炭になるまで丹念に混ぜ込みます。

全体が炭になったら、火を消すためにドラム缶に放り込んでいき
満タンになったらドラム缶の蓋を閉めてバンドで止めます。
普通は水を使って消しますが、この方法だと水が要りません。
蓋つきドラム缶が手に入らない場合は水で消してください。


次の日・・・
くんたんはすっかり冷えて、上質のくんたんが出来上がりました!
蓋つきのドラム缶を使ったのは初めてでしたが、この方法はおすすめです。

ちょっと時間がないので28日にえびいもを詰めます。

<かん>

クリスマスディナーはローストダックで♪

まだスイも小さいのでいまいちXmasの盛り上がりに欠けますが、何もしないのも味気ない。

ということで先日〆て冷蔵庫で熟成させていたアヒルをいただくことにしました。
血抜きせずに10日ほど熟成。
だいぶ乾いてきゅっとなっています。
匂いもかなり熟成されてきてる感じ。
IMG_9348.jpg

今日は丸焼きにします。

中に詰めるのは人参、玉ねぎ、にんにくと一緒にレバー、砂肝、ハツを刻んでいためたもの。
IMG_9354.jpg

これをおしりから詰め込んで。
IMG_9355.jpg

オリーブオイルを塗ったルクルーゼに乗せてオーブンで焼くこと1時間。
IMG_9356.jpg
時々出てきた肉汁を回しかけて。
IMG_9360.jpg



切り分けるのはかんちゃんの仕事です。
こういうのきれいにするのがかんちゃんは上手なので。
私はだんだんめんどくさくなって雑になっていく…。
IMG_9367.jpg

スープは鶏がらでストックをとって
IMG_9353.jpg

うちの打木赤皮栗南瓜でポタージュ。
IMG_9374.jpg

生クリームの落とし方に進歩が見られます。


来訪している叔母のアイコさんと共にクリスマスディナー♪
IMG_9388.jpg
アヒルのロースト、打木赤皮栗南瓜のポタージュ、グリーンサラダ、新じゃがいも。
最近はほとんどの食材を家で普通に賄えるのでなんだか嬉しい。

アヒルはほどよく旨味とクセが出ていて美味しい!
合鴨ほどクセが強いわけでもなく、あっさりと食べれました。
ぱりぱりになった皮が気に入りました♪

ポタージュも南瓜が甘すぎずちょうど良いお味。

IMG_9378.jpg
今日はとくべつ夜更かしのスイちゃんも気に入った様子。



そしてスイちゃんにはサンタさんが!!

IMG_9398.jpg
こんな大きなプレゼントを運んできてくれました。

QUADORILLA。
ピタゴラスイッチのようなものを作れる木製玩具。
IMG_9403.jpg
組み立てるのはまだ難しいけど、「ここにビー玉ポイして」というとすぐに入れてくれる。
シロフォンを組み込むのできれいな音がします。

長い間楽しめそう。
良いのんもらったね、スイちゃん!

< まき >

そらまめ&えんどうの植え付け

先日種まきしたそらまめとえんどう、さすがに寒くなって生育がゆっくり。 種まきの様子はコチラ

1ヶ月以上経って、ようやくこの状態。
IMG_9319.jpg
右が自家採種讃岐長莢そら豆、左が河内一寸
自家採種のが育ちが良くて揃ってる。
種の豆を半分地上に出したのと、埋め込んだのの差は発芽に関しては代わりないけど、讃岐長莢は埋め込んだ方が成長が良い。

◇結論◇
種の埋め方が正しければ発芽率はほぼ100%出るので、全部埋めちゃって良し!

あっ種の埋め方書いてなかった(汗)
現代農業知識で、斜め挿しが良いとあったので去年から試してますが、本当によく芽がでます。
ポイントは豆のくびれてるところを上になるように、おはぐろ部分を真下に挿すこと。
ぜひ一度お試しあれ。



早速さつまいも跡地へ、50cm間隔で植えます。
ここで地上に出ていた種豆部分は完全に埋める。

IMG_9324.jpg
見事にうねうね。

はーなんとか年内に植えれて良かった。
えんどうもちょろっとだけ植えました。

♪本日の収穫♪
IMG_9327.jpg
長ネギ初収穫!
初めて作りましたが、美味しそう。しかし白い部分普通のに比べて短い。
もっともっと深植えして土寄せかあ。
あとは人参の間引きと大根と、小かぶちょこっと。


◇おまけ◇


食事中に私の箸を奪おうとして怒るので持たせて見たら・・・

IMG_9329.jpg
お見事!!

誰も教えてないのにすぐに使いこなしてる。
親の使うの見てイメージトレーニングしてたのね
やよいさん、トレーニング箸ありがとう!

< まき >

柚子酢をしぼる

今年は柿が不作ですが、柚子は豊作です。
去年は逆だったのでやっぱり豊作と裏作は交互にくるんだなあ。


きれいなのは柚子マーマレードにしますが、皮がいまいちきれいじゃないのは果汁だけ絞って柚子酢にします。

柚子酢はポン酢やすし酢に使ったり、ジャムを作る時のレモン果汁がわりに重宝します。



柚子の木には驚くほど凶悪なトゲがある。
DSC_0048.jpg
超攻撃的!

お、「もずのにえ」発見!
DSC_0044.jpg


こんな目にあってはカナワンので完全防備で収穫するかんちゃん。
IMG_9274.jpg
完全に不審人物です!


樹の上からの眺め
DSC_0045_20121231022604.jpg


夜はジュウーサーで果汁絞り。
はじめのうちは中の果肉だけ絞ってたんだけど、それだとパンチが弱い。香りも酸味も弱い気がします。
柚子の香り成分は皮に多く含まれるらしい。
なのでポン酢用には皮ごとぎゅーっと搾る。

スイちゃんもお手伝いしてくれます。
IMG_9287.jpg
「ここをこうして・・・」「ふむふむ。」

IMG_9292.jpg
よい
IMG_9293.jpg
ちょ!

おつかれさん。

搾った柚子酢は香りを保つために冷凍保存。
DSC_0056_20121231022603.jpg

< まき >

えびいもを出荷する&黒豆餅をつく。

今年のえびいもは(初めてだけど)たくさん取れました。
というか、たくさん植えたのでたくさん取れたのであって、豊作という意味ではありません。
まあ肥料も控えめにしか入れてないのでぼちぼちといったところです。

とても消費しきれる量ではないので、初出荷!!

野菜を作って出荷すること10数年(結婚前から)ですが、えびいも出荷は初めてです。

出荷先は京都市内の自然食品店、エナジィ・ママさん。
私が野菜作りを始めたころからずっとお世話になり、応援していただいているお店です。


えびいもはお正月の縁起物ということで、なるべく形の良い立派なものを餞別、泥を軽く掃除する。

ひたすら泥を落としつつ、長い茎を落として詰めていく…懐かしい調整作業。(野菜の袋詰めなどをこう呼ぶ。)
IMG_9270.jpg
選び抜かれた精鋭たち


客観的な評価というのはなかなかもらえる機会がないのでどきどきでしたが、形や大きさ、味ともに良い感想をいただけてほっとしました。

まだまだたくさんありますよ!
こばたけのえびいもが欲しいという方は京都市内ならエナジィ・ママさんへどうぞ~。

親芋・えびいも・こえびいも詰め合わせ「こばたけのえびいも家族」も販売中!
食べてみたいという方は非公開コメントにてメッセージくださいませ。


◇黒豆の豆餅をつくる◇

さて、ここ連日絶賛餅つき中。

今夜はリクエストのあった黒豆の豆餅を搗きました。


黒豆はふかして入れるとか、茹でて入れるとか、はたまた生のままいれるとかいろいろ好みがあるようです。
今回は

IMG_9310.jpg
炒り豆にしました。
ざっと洗った黒豆をフライパンで5分ほど乾炒り。
皮がパチッとはじけたら出来上がり。

もち米の蒸しが終って搗き始めるときに塩を入れる。

これを、もちがつきあがる直前に入れて混ぜるということで投入したんですが、
IMG_9316.jpg
か、かわいい!!
なんかなんともいえずかわいいんです。
この黒豆がもちの薄皮かぶってぽこってしてる感じが。ぐるんぐるん回ってるところが!
個人的にかなりヒットです。


IMG_9317.jpg
なまこ型の型に流すとかわいくない…。

ちょこっと味見しましたが美味しかった~ほのかな塩味と黒豆の香ばしさ。
軽く焼いただけで美味しい。
定番に加えたい。

< まき >
完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。