台風17号(ジェラワット)通過。

台風17号は昼過ぎから夜にかけて暴風雨をもたらすとの予報。

うちの残る田は、イセヒカリ・朝日・滋賀旭27号・京都旭1号。
イセヒカリは倒伏に強いから良いとしても、朝日・旭系は極弱品種。

心配なので夕方ぐるっと田んぼを見回ってみると
滋賀旭27号がヤバイ!
IMGP4902.jpg
うーん、これは時間の問題か・・・

一方
IMGP4897.jpg
こいつらは元気だな(^_^.)


山羊は、家の裏の山に移し、飛びそうなものは陰に移して
家のシャッター、雨戸という雨戸を全閉めして待機する。


そして・・・
vly3z3qh.jpg
ジェラワットは、直撃した地域の方には申し訳ないくらい
私たちの村をあっさり優しく通過して行きました。


こんなプレゼントも
mtb9j24n.jpg
諦めていた中秋の名月
台風はぶ厚い雲をいくらか連れて行ってくれて
ほんのわずかな間でしたが観ることができました。


明日はまた籾すり、キヌヒカリの出来が気になるところ。
そして、滋賀旭27号は耐えてるだろうか・・・

<かん>


稲刈り2012⑤キヌヒカリ28a

あすは猛烈な強さの台風第17号(ジェラワット)が京都に上陸しそう。
あさって稲刈りの予定だったけど前倒しで刈ることにしました。

ここが今日の稲刈りのお相手
キヌヒカリ with こなぎ
IMGP4872.jpg

コナギをかき分けて刈るまきちゃん
IMGP4880.jpg
今日は父も手伝ってくれているので稲刈りは2人に任せ、
私は昨日乾燥機にかけていたあきたこまちを籾すりにいきます。


もみすりを終えた前年比3割増のあきたこまち。
IMGP4876.jpg
豊作じゃ~


と、そのころ
稲刈り組は大変なトラブルに巻きこまれておりました・・・
IMGP4871.jpg
あまりのコナギの多さに、刈り刃付近にコナギが詰まり
エンジンから動力を伝えるシャフトが折れてしまったのです!
昨日、合鴨王Oさんに借りたばかりのコンバインが(T_T)/~~~あーん
Oさんのコンバインは農機具屋に引き取られ、代車で稲刈り再開。


籾すりを終えた私は種取り用に残しておいたあきたこまちを
バインダーで刈る!
IMGP4891.jpg 
結束された稲は稲木に掛けて天日干しします。


全て終えてコナギ畑に戻ると順調に進んでおり。
IMGP4895.jpg
28aで収穫した籾はコンバイン袋に38袋。
玄米にしたときの予想重量は約750キロ(268キロ/10a)
一般的な収量は500キロ/10aと言われていますのでかなり少ない。
こういう現象を半作といいます。

しかも

袋の中はこのような状態。
IMGP4886.jpg
どれだけ選別できるかは10月1日の籾すりをしてみないと分かりません。

もともと自家用に植えた米ですしね、これが意外に旨かったりして・・・

<かん>


稲刈り2012④あきたこまち40a(後)

日できなかったあきたこまち最後の稲刈り

10時ごろにコンバインを動かしてみるも、やはり扱ぎ胴(脱穀部)が動きません。

IMG_20120927_101841.jpg

いろんなところを開けてあれやこれや見てみるもよく分からん。


ということで諦めて、借りてきたのがこれ。
IMGP4843.jpg
合鴨王Oさんのコンバイン

うちのと同じクボタですが、いろんなところがバージョンアップしてます。

刈り取り分が左右に動く(これで隣の稲を倒すことがほとんどなくなり、刈るのがとにかく楽!)。
扱ぎ深さの調節がしやすい。

動きもスムースで、落穂も少なく(最初多かったけど扱ぎ深さを調節したら直った)、そしてスピーディに刈れました。

そしていつ壊れるかとはらはらしなくて良い!

前のコンバインも良くがんばってくれてはいたんですが、最近ずーっと警報音が鳴っていたので(原因不明)心配でしょうがなかったんです…。

無事終って良かった~
IMGP4847.jpg
この田んぼ真ん中のほうにちょっとだけヒエ出てました。
去年結構たくさん生えてたんだけどかなり減ってる。
アイガモ効果かな♪



刈りが早く稲刈り終ったので、しなきゃと思っていた「じゃがいもの芽かき・土寄せ」をする。

先日超浅植えにしたデジマ。 その様子はコチラ

一雨降ると芋が露出してしまうところもあったくらい浅植えしたけど、甲斐あってほぼ全部芽が出た!
そして1年前に収穫したデジマもちゃんと出た!

IMGP4824.jpg



芽がたくさん出てたのを、2,3本に芽かきした後通路側から土を寄せる。
除草にもなります。

IMG_7093.jpg 
完成!


私が通路の草引き、かんちゃんが土寄せで2時間ほどで終りました。
やっぱり二人ですると早い♪



夜のスイちゃん・・・

IMGP4833.jpg
夢の中でピーターパン♪

<まき>

『傀儡女~時の男最終章』を観る。

今日は稲刈り④の予定でしたが
コンバインがトラブル!
どつこうがひん曲げようが直らないため中止いたしました。
とりあえず一昨日刈って乾燥し終わった米をもみすり。

そうしているうちに時計は16時!
そろそろ出かけねばなるまい、大阪ABCホールへ


今日はここでリリパットアーミーⅡの芝居の初日なのです。
題目は『傀儡女~時の男最終章』
c2n6vvam.jpg

開演前(上演中撮影禁止なので雰囲気だけ・・・)
IMGP4839.jpg 
IMGP4838.jpg

キリタ(谷川未佳さん) EventNavigatorより 
7u0igb9c.jpg
和装がとっても良く似合い、本当にかわいらしい。
京都なまりと声の張りが心地よく、もっと声を聞いていたい女優さんです。
家に帰って調べるまで忍たま乱太郎のきり丸かと思いました。
1回噛んだけど、あれだけの台詞がすらっと出るのは大物の兆し。


劇の内容に移りまして・・・

時は12世紀後半、平安時代…天皇・貴族・武士の権力が渾然とした頃のこと…。
京の都は臭かった
貴族たちの焚き染めた香料香り臭かった
働く人々の臭かった。武士の刀の血のしたたり臭かった
子供が裸足でかけまわる臭かった
何もかもが臭かった…時代。
そんな都に天才的に鼻の利く少年陰陽師、キリタがやってくる。

『チラシより』


キリタの嗅ぎかたがあっさりしていたせいかな。
もっとくさ~いのを想像していたのですが・・・
客席まで臭いは漂ってきませんでした、残念。

それとときおり「楽屋落ち」が出てくるのはわかぎさんの得意技なのかしら。
常連さんにはお楽しみかもしれませんがちょっと多かったかな。
もしアドリブではなく全ての日程同じ内容だったらどうしよう、そらないか。
しかし芝居とは脈略のないネタに脱線しても違和感なく芝居に戻って来れるのはプロのなせる業だろう。


4枚の回転扉の舞台セットはいろんな形の使い方ができてて良かったです。
特に最初の隙間から舞台に漏れる光、花火のシーン、蝶を追うシーン。

殺陣は迫力がありました、相当の稽古量だったんだろな。


しかしなんちゅうても、役者の個性が濃い!
ほとんどの役者さんが初めて拝見しましたが

浅野彰一さん・・・笑いが止まらない、一挙手一投足釘づけでした。
野田晋一さん・・・浅野さんとの掛け合い最高!トボけた感じがたまらん。
矢代進一さん・・・インチキな人間をやらしたらピカイチですね。
谷山知宏さん・・・ここまで声が突き抜ける役者さんもそうはいまい。
西岡香奈子さん・・・目がくりくり。兜がよく似合っとった。
岡田朋也さん・・・最初は偽物かと思ってたけど彼の愛は本物でした。
コング桑田さん・・・美しい、絶対的な包容力!抱き締められたい…
粟根まことさん・・・さすがです、くつした~
みやなおこさん・・・キンキラ登場シーン、マリオネット、「血の臭いが…」に鳥肌
わかぎえふさん・・・人形遣いに魅了されました。どこで修業を?


演劇を観たのは実に10年ぶり。
私自身も演劇をやっていたことがありそのせいか足が遠のいていましたが。
たまには観るもんですね、いやあ面白かった。
キャスティングが絶妙、演出も良く練られて見どころ満載でした。

しかしわかぎさん年何本書いてるんや!?書くの速過ぎ。
その中にもちゃんとメッセージは込められていますしね。
最終的に何が頭に残ったかといえば、やはり愛と世界平和かな。

わかぎさん観るたび魅力的やなぁ。
昔見たHANAGATAの女医さんも素敵でしたよ。

<かん>


スイ、キッチンから締め出される。

スイの悪戯が止まらない。

特に
引出しをあける ⇒ 中のものをばらまく

この動作が楽しくて仕方ないらしい。
キャビネットや衣装ケースならまだいいが
キッチンの引出しのものを取り出してばらまくのは困る。
洗いなおさないといけないし第一、危険なものがいっぱい入っている。
そこで今日限りでスイをキッチンから締め出すことにした。

市販の赤ちゃん開閉式ゲートは結構値が張る上に開け閉めが面倒、
またげるタイプのものがいいが、あまり高いと両親がまたげない。
かと言って低すぎるとスイが乗り越えてしまう。

42センチの板を立てスイが越えないかテストする。

IMGP4811.jpg 
IMGP4805.jpg 
IMGP4809.jpg 
IMGP4804.jpg 
IMGP4803_20120926233731.jpg 
IMGP4806.jpg 
IMGP4807.jpg 
IMGP4808.jpg 
IMGP4812.jpg 
IMGP4813.jpg

あきらめたらしい。

<かん>


稲刈り2012③あきたこまち40a(前)

今日はあきたこまち2枚目の田んぼです。

40aですが1割ほどはイセヒカリを植えてるので残り36a。
乾燥機に一度には入らないので2回に分けて稲刈りです。


それでは稲刈りの様子をリポートしたいと思いマース
IMGP4791.jpg


おっといきなりトラブル発生
IMGP4790.jpg
稲を送るチェーンが詰まりましたが無事解決したようです


順調ですね~
IMGP4794.jpg
あたちはおかーたんにもらった紅蓼で…

IMGP4795.jpg
はんどぱわー。

IMGP4798.jpg
おかーたんがんば!!

IMGP4801.jpg
最後は夢の中…。


< まき >

アイガモ無どろびしゃー戦争

やっとこのアイガモたちを田んぼに戻します。
IMGP4744.jpg
一部本田に戻ってますが、まあ何とかなるでしょう

その前に引っ越し先の田んぼの水が溜まってるか見に行きます。

おやおや? みかがおらぬ
IMGP4737.jpg 
IMGP4740.jpg
またですか・・・(~o~)


を取り直して、アイガモの回収に向かいます。

まずこれをご覧ください ⇒ 昨年のアイガモ回収の様子

泥や糞まみれで臭いかったのなんのってそりゃ、筆舌に尽くし難く・・・
そこで今回は『どろびしゃー』にならないようにワタシ、

かんがえましたっ!

アイガモ回収装置『あいがもさんいらっしゃい』 
IMGP4745_20120925014611.jpg

このように追うと
IMGP4758.jpg 
どんどん入っていきます
IMGP4760.jpg 
みんな入ったところで
IMGP4768.jpg 
閉めるだけ
IMGP4767.jpg
かんたーん\(^o^)/
はぐれがもたちも難なくあつめられましたよ


田んぼに移動して、羽根を切り
IMGP4777.jpg 
放鳥
IMGP4771.jpg

大きくなれよー!

<かん>

アイガモ引っ越し準備。

あきたこまちの刈り取りが終わり、圃場が空いたので
岡山朝日田の枕にいたアイガモたちを移す準備をしました。

この田は古野隆雄さん考案の
防草シート+畔シート+電柵
で囲った田んぼです。  

去年の稲刈り後の処置を怠ったので今年あぜ際に雑草が沢山生えました。
来年は雑草に悩まないようにアイガモを入れる前にメンテしておきます。

まず、あぜ際に生えた雑草を抜いていきます

IMGP4735.jpg

そこに新しい籾殻を流し込んでおきます
IMGP4742.jpg

電柵の高さを整えてアイガモの休む島を作り、水を入れます
IMGP4743.jpg

これで準備OK!

明日はアイガモの引っ越しです。

<かん>


はるなつそらの運動会。

今日は私の兄の学ちゃんの子供たちの運動会に行ってきました。

今年、京都で282年ぶりに金環日食が見られましたが
19年後にはまた見られるようで・・・

だがしかし

はるぽっち(小6)
なっちょこ(小4)
そらりーの(小1)

この3人が1度に運動会で見られるのは2度とありません。

これはいかねばなるまい・・・

と、いうことで
母とまきちゃんとスイとで運動会の行われる小学校に行ってきました。


6年生100m走
IMGP4718_20120925005039.jpg

4年生100m障害走
IMGP4722_20120925005039.jpg

1年生50m走
IMGP4730_20120925005038.jpg 
アクシデント発生! 
IMGP4731_20120925005104.jpg 
IMGP4732_20120925005104.jpg
結局2位のお札を貰っていたようでした。

ソラリーノ曰く
「そらちゃん1位やったのに2位にされてんで、最悪やー

他にも
そらりーのの団体演技 良い動きしてました! 
なっちょこの棒引き 大活躍でした! 

そして
トリのはるぽっち組体操

私たちの時代よりはるかにレベルが上がっており・・・

7段ピラミッド 作ってるとちゅうです・・・
IMG_7025.jpg

5段タワー
IMG_7040.jpg 
IMG_7042.jpg

スイも
IMG_7047.jpg

はるぽっち、ついこないだ幼稚園を卒業したばかりだったのに・・・
青組の応援団長
全校リレーのアンカー
組体操の大黒柱

どれも立派に務め上げました。うるうる
めちゃめちゃかっこよかったよ!

つぎは学芸会、こいつも見逃せねえな。

<かん>

みかの大変身。

うちにはみかというメスの山羊がいます。

川の堤防につながれて、葛の葉などを食べて暮らしています。
私は毎日1回堤防に、みかの乳を搾りに行きます。

今日もいそいそと堤防に向かうと・・・
IMGP4698.jpg

中尾彬さんになっておりました(~_~;)
IMGP4703.jpg

ああー、昔からこの子はあまりお利口ではなったけど

しかし、
どうすればこんな巻き方ができるのだろうか・・・

<かん>


完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク