W(ダブル)の悲劇。

今年は5つの圃場の合計90aでビニペット除草に取り組んでいます。
そして今日は4回目のビニペット除草の日。

まずは新作の除草機を紹介。
ビニペットンちゃんHANDY
IMGP3885.jpg

これに対する雑草軍は『コナギ』
見えにくいですがこの画像の中に100株以上のコナギが生えています。
IMGP3894.jpg

ほうきで掃くように除草開始!
IMGP3888.jpg

するも
土が硬くて思うように掻けませんでした・・・

こんなときはやはり『けずっ太郎』
 けずっ太郎の除草についてはこちら
IMGP3895.jpg

これでトロトロ層を構築しつつコナギを浮かせています。
次回は浮揚式のチェーン除草機を作ってみるか。


◆W(ダブル)の悲劇。

イセヒカリの圃場3枚をビニペット除草しに行きましたが・・・
信じられない光景に orz となりました。

立派なコナギがこんにちは!
IMGP3905.jpg
数は多くないですが既にビニペットでは敵わぬ大きさに・・・
この圃場はあまり深水に出来ないので濁り水の遮光効果が薄いからだと思います。
来年この3枚はアイガモ除草に変更だな。

さらに
円形脱毛稲!
IMGP3921.jpg
犯人は・・・シカ!
田んぼに入って歩きながらついばんでいった模様。
あちらこちら、ところどころ、500株ほどやられました。
これからも再生はしますが未登熟な穂になるのは避けられません。
急遽まきちゃんがシカネットをぐるりと張ってくれました。


これでWの悲劇完成なんですが、
さらに滋賀旭27号のあひるちゃんも。
IMGP3883.jpg
1羽カラスにやられた模様。

まったく、油断もスキもあったもんじゃないね。

<かん>

いま、天気予報が便利になりました。

今日は暑かったですね。
北海道でも30℃を超える所があったとか・・・

私も今日は朝から草刈りをするの予定でしたが
鶏・ヤギ・あひる・合鴨のエサやり後じりじりしてきたので仕事をお休みにしました。
炎天下での草刈りは体力を消耗するばかりで能率が悪いのです。
園部町大西の最高気温は27.7℃でしたのでさほどではなかったようですが。


天気と言えば
地デジに移行して1年、4月から地域のデータ放送が始まってとても便利になりました。

南丹市情報センターのチャンネルで”dデータ”を押すと・・・
MGP3866.jpg
私たちの住む『南丹市園部町大西』区域の
今日の天気、警報・注意報、今日の催しからゴミの収集日まで教えてくれます。

ここでお天気を押すと・・・
MGP3865.jpg
ピンポイントの3時間ごとの天気予報、週間天気予報などが詳しく分かります。

アメダス実況値を押すと・・・
MGP3864.jpg
今日一日の降水量・風向き・気温・日照量まで教えてくれます。


私たち農家にとって毎日の天気は一番の関心ごと。

たとえば、
曇りの予報なら草刈りの予定をみっちり入れたり
雨の予報ならあひるの解体や、陶器の金継ぎをしてみたり
風の予報なら干してあるお茶を収納したり、雨よけのビニールを回収したり
はたまた強い台風なら合鴨を救済したり、やくざなトタンを交換したり

そして
猛暑の予報なら・・・
朝早くから仕事をし、暑くなったら数時間昼寝をし、涼しくなったらまた田んぼに。

梅雨が明けたら、これからはたっぷり昼寝が出来るなあ(^^)

まあ、データ放送をあんまり鵜呑みにしてもいけませんが
こういった計画が立てやすくなったので事実です。
せいぜい利用して、出来るだけ楽に仕事したいものですね。

<かん>


盲目の子ヤギ

田植えがひと段落し、アイガモの放飼も済んだので
さやの産んだ子ヤギが、るり渓やぎ農園から帰って来ています

殿・姫・殿産の3頭は産まれて約10日、ずいぶん大きくなりました。

ただ、紅一点の姫に小さな問題が
IMGP3833.jpg

この子、全く目が見えていません。
IMGP3846.jpg

哺乳器の乳首が見えないのでくわえさせてやっても・・・
IMGP3836.jpg 
飲むのが下手ですぐに離してしまいます。
IMGP3834.jpg
これから視力が回復するのか、全く分かりませんが
この子が自分で飲み食いできるように毎朝晩、私が親代わりです。

3頭一度に飲ませると殿2頭が姫のミルクを奪いに来るので
姫がお腹いっぱいになってから隔離していた殿を連れてくると
IMGP3839.jpg
勝手に元気に飲んでくれます。


こちらは、おとといフラッと寄ってくれた
ヒコーキ乗りのケン鐡兄さんとその奥様。

IMGP3850 - コピー
水ようかん美味しく頂きました!
今度はアヒル解体よろしくおねがいします。

<かん>


烏骨鶏でサムゲタンを作る

本日は友人を招いてのほたるがり。

いつものカリスマ鍼灸師トミーとライトセーバー職人マット。
IMG_5254.jpg

二人仲良く作っていただくのは
「烏骨鶏のサムゲタン」
完ちゃん曰く「烏骨鶏湯オゴルゲタンだってば!」

材料はこちら
IMG_5249.jpg
烏骨鶏はこのために昨年解体して冷凍してありました。
ようやく日の目を見ることに・・・
あとはもち米・干しナツメ・朝鮮人参(4年根)・にんにく・松の実。
もち米は洗って30分ほど水に漬けておく。

鶏は腹の中をきれいに洗っておく。

IMG_5256.jpg
鶏のお腹の中に材料を適当につめこみます。
入り口は竹串で縫って止めて

IMG_5260.jpg
鍋に入れて水を4リットル投入。


IMG_5261.jpg
沸騰したら中火でややぐらぐらさせる。
アクと脂をこまめに取りつつ、スープを半量くらいまで煮詰めること約3時間。
鶏を別鍋に移し、スープをざるで濾してアクと脂を取り除いて完成!!

IMG_5274.jpg
食べるときは鶏の身をほぐして、スープにお好みの塩を加えていただきます。

IMG_5271.jpg
韓国ナイト!


実は私サムゲタン初めてなので、これがそうなのかどうか分からないんですが。

トミー曰く、「サムゲタンの肉はとろけるくらい柔らかいはずなので肉は100%方向性が違うけど、スープはこんなんだよ」


鶏がヒネ鳥だったからね・・次回は雛鳥で作ってみよう。

でも烏骨鶏の肉も味があって,スープもいかにも滋養があるお味で美味でした!
意外に簡単に作れたし、今度は目指せトロトロ雛鳥サムゲタン。


・・あれ?ほたるはどこに?


< まき >

一年越しの梅シロップ

IMG_5218.jpg
これが一年ごしの梅シロップ。
(一年間飲まなかった・・・床下でひっそり熟成。)


が、今日の主役はこれ

IMG_5219.jpg
(無精をして取り出さずにおいた)エキスがシロップに出た梅の実

これをひたひたの水と砂糖少々を加えて弱火で煮ます。
IMG_5220.jpg
アクが出るのを取る。

しわしわになっていた梅の実がふっくらしたら煮梅の出来上がり♪

甘酸っぱくて美味しい。
お茶受けにパクパク食べてしまいました。
梅ジャムにしても良かったんだけど、お菓子にリメイクしたかったので煮梅。

この後梅シロップとともに梅ゼリーを作ったのに写真撮り忘れました
梅の香りと酸味がさわやか。
作るのも超簡単で言うことなし。
うちの定番スイーツが増えました

< まき >

トマトの支柱立て

田植えWeekでずいぶん畑をほったらかしにしてました。

久しぶりに見に行くとトマトがかなり斜めに這ってきている。

ということで急ぎ支柱を立てることに。


去年は家にある古い杭でしました。 その様子はコチラ

が、今年は加工用に去年の倍以上の本数植えたということで・・・


イボ竹支柱を購入しました!
インターネットで安いショップを発見。
16mm×1800mm 5本セットで600円。
なんと一本120円!安い!!
しかも安心のセキスイ製品。

安い支柱だと周りのコーティングがすぐにはがれたりして中の鋼管がさびてしまいます。

竹を切り出して自給するのも良いんだけど、たくさん作るとなると扱いやすく、長く使えるものはやはり助かります。
大事に使って10年くらいもたせたい。


画像が行方不明なため分かりづらいですが
まず両端の杭、そして更に丈夫にするために間5mおきくらいに管を打ち込む。
IMG_5214.jpg
脚立に乗って単管を打ち込んでいます。
杭はコメリで売り切り処分特価だった単管の杭を使用。


次に、先ほど紹介したセキスイイボ竹をX型に組み合わせ、
ハウスバンドで交差部分をくくって、両端を杭で引っ張る。
IMGP3762.jpg


相当丈夫にできた、気がする。
IMGP3765.jpg

よっぽどな台風でも来ない限り大丈夫だろう。

芽かき・誘引もできたしこれでしばらくは大丈夫。

< まき >

消防団夏季訓練2012

今日は消防団の夏季訓練の日。
照らず降らずの理想的な日和でした。


◆操法展示
IMGP3785_20120624225820.jpg 
放水始め
IMGP3786.jpg 
放水
IMGP3789.jpg
IMGP3791.jpg 
やりました! 39秒02新記録達成。


◆水防の為の土のう作り
真砂土を詰めてしばる
IMGP3795.jpg 
並べて・砂を撒いて・突く!
IMGP3803.jpg 
ヨシッ! 指さし確認は必須。
IMGP3819.jpg


本日のやってはいけない
スコップを置く時は、剣先を伏せて置かないと・・・
IMGP3797.jpg
このように大変危険!

本日のこの人
IMGP3801.jpg
彼のような真摯な団員が消防団を支えている。
タケやんについてはこちら

そして
IMGP3808.jpg
園部支団の頂点に昇りつめても勉強を怠らない姿勢が素晴らしい。

思い思いの形で訓練する団員の姿が印象的でした。
操法もいいのだけど、こういう訓練の方が実際の防災に役立ちましょう。


しかし、近頃の水防は
1トンもあるフレコンをクレーンで積み上げるそうで・・・
fhdo2duu_20120624233958.jpg

土のうではせいぜい、田植え機を格納したガレージを塞ぐくらいかな。
まあ水の中で使う機械だから塞がなくてもいいのかもしれないが・・・

<かん>


『京都旭1号』を田植えする。

幻のお米『京都旭1号』 詳しくはコチラ
今日は田植え番外編でこの米を植えます。

タマネギとニンニクのあとの区画
ここを4メートル四方ほどの水田に変えます。
IMGP3744.jpg

草刈りをしてプチで鋤く
IMGP3745.jpg

周りに土を盛ってプール状にし水を引く
IMGP3746.jpg

ぷちで代かきし、均ちゃんでならす
IMGP3747.jpg

田植えをする
IMGP3750.jpg

しげしげと眺めて満足する
IMGP3752.jpg

スタートから仕上げまで約2時間。
カンタンなもんや~ (『太平洋ひとりぼっち』より)

芽が出た138株、ちょっきりぴったりきれいに植わりました。
10月末には5キロ以上の種もみが手に入ります。
ネットで囲ってアイガモ1、2羽放してみるも可愛らしいだろうな。

幻のお米復活まであと4カ月!

<かん>

大雨から一夜明けて・・・

あさ6時、父から電話アリ。
『ヤギが逃げとるぞ』

急いで出てみると臆面もなく・・・
IMGP3698.jpg

ワガモノ顔で闊歩するヤギ親子

IMGP3705.jpg

昨日の雨はかなりきつかったので電柵が水浸しになり逃げた模様。

被害・・・芋づる5株
IMGP3708.jpg
根こそぎとったわけではないのでなんとか復活しそうです。
まあサルやイノシシに比べればカワイイもので。


心配なカモたちを見回ってみる。

新羽二重糯 5a ・・・ べっちょない
IMGP3711.jpg

あきたこまち 25a ・・・ べっちょない。
IMGP3713.jpg

あきたこまち 40a ・・・ べっちょない。
IMGP3715.jpg

パラソルが風のすごさを物語っていますがアヒル1羽以外はみんな無事でした。
本当に強く育っていてます。

<かん>


アイガモのはたらきぶり。

きょうも子守のおばちゃまたちがスイを見てくれている・・・
IMGP3677 - コピー
のは朝だけで、おばちゃまたちは街に出かけてしまった。

ので、きょうはまきちゃんがつきっきり。
IMGP3678 - コピー
一日中雨だったので背中に背負って作業も出来ない。


私はひとり米の出荷の準備をしたり、最後のアイガモ田5aにネットを張ったり。
ようやくアイガモ田全てに放飼完了、よかったよかった。
と、一息ついていると昨日アイガモを放飼した田んぼから2羽逃げていると通報。

急いで駆け付けましたが、アイガモは逃げておらず無事でした。
お隣さんが土くれをアイガモと見間違ったそうな、まあよかった。

しかし今夜から明日の昼まで結構雨が降ると言う予報なので
アイガモの屋根付き休憩所を作る。
マット苗箱を使った3代目の方法で2個作りました。

残りの2か所は作る暇が無かったので陸地にビーチパラソルを立てて終わり。
最近どんどん手抜きになっていきますが、反比例してアイガモは強くなっていく。
やはりある程度スパルタが良いようです。


アイガモの休憩所を置きに行ったら、なんとも嬉しい発見が!

昨日アイガモを放飼したアイガモ田の畦際
IMGP3683.jpg
小さな雑草の芽が沢山浮いています。
全てアイガモが土をかき回すことで耐えられなくなったモノたちです。
たった一晩でアイガモ達の働きには本当に m( _ _ )m 感謝感謝感謝!

これだからアイガモ農法はやめられねえな。

<かん>


完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク