スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分蜂を集める。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



今日は東京からいとこ一家がやってきました。
DSCN7014.jpg
去年もお墓参りに返って来てくれたのですが
今年は女の子が一人増えていましたよ。
レイさんと同級生、これからが楽しみです。


さてさて分蜂の捕獲の話。

本来この時期に分蜂は見られませんが巣落ちしたり、巣虫に占領されたり
巣が何らかの形で住めなくなった場合などに脱出することがあるようです。

DSCN7019.jpg
この分蜂を見つけたのは8月13日ですが4日たってもこの状態。
5メートルくらいの木の上で諦めていたのですが登って採ることにしました。

今回はできるだけロスを少なくするためにちょっと考えました。
DSCN7018.jpg
プラスターバケツが網の大きさとぴったりだったので
バケツとおなじ大きさに切ったダンボール1枚、窓を開けたもの1枚
こちらを用意しました。



さて、このまま数日閉じ込めてこの場所に居ついてもらおうと思います。
女王蜂がはいっていますように・・・

<かん>

スポンサーサイト

巣落ちした巣箱の採蜜。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



今晩わりとまとまった雨が降りそうなので採蜜をしました。

夜中の作業なので画像がブレております
DSCN6669.jpg

昨年から蜂が入った巣箱ですが暑さで巣が落ちてしまったのです。
巣が落ちたまま放っておくと入り口が塞がって蜂が入れなくなり
やがては巣虫(蛾の幼虫)が食べつくしてしまいます。

上段を切り離すと
DSCN6668.jpg 
DSCN6667.jpg
なるほど落ちています。

この箱はお父さんが初期に作ったもので
・箱の断面が大きい
・巣落ち防止の針金を入れていない
・箱の壁材が薄くて内部の気温が上がりやすい

などが巣落ちの原因のようです。

この巣箱は既に女王蜂が出て行ってしまっていたので巣を全摘出しました。
落ちた部分からもいいとこ取りをしたら採蜜量4キロ。
1年分は確保できました。

<かん>

墓に蜂。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


1ヶ月ほど前からウチの墓に蜂が棲みついている。
DSCN6293.jpg 
DSCN6298.jpg 
DSCN6316.jpg 
日本みつばちは優しいので人を刺す事はまずないけど
8月4日にお坊さんがおこしになるのでこのままではまずい。

近所の方は殺虫剤でシューとやったと話していたけど
そんな事は許されないし蜂蜜ももったいない。

みつばちに詳しいヒロセさんに相談すると
お墓参りのときだけしっかり蓋をしとくとよい、そして後日煙を炊いて逃がせばよい
と、言う助言をいただきました。


とりあえずお父さんが蓋をすると
「あ、耳を刺された!」
DSCN6327.jpg 
こちらがお父さんの耳に刺さっていたみつばちの針。

その後お父さんの耳は1.5倍くらいに膨れあがりました。
やはり蜂作業はポイズンリムーバー必携ですね。


夕刻、ヒロセさんのお宅に蜂の巣箱を取りに行きました。
ヒロセさんの亀岡のお宅には10数個の在宅中の巣箱があるのですが
夏場は蜜を取る花が不足するためにウチの近くに疎開させるのです。
DSCN6333.jpg
ヒロセさんにレクチャーを受けるお父さん

この2箱を
DSCN6343.jpg 
揺らさないように毛布で養生し、ハウスバンドで引っ張り固定し運びます
DSCN6346.jpg 
設置完了。

沢山入ったらヒロセさんと蜂蜜を折半します。

<かん>

分蜂の捕獲。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



ウチの蜂の巣箱から初めての分蜂を確認しました。
DSCN6204.jpg 
DSCN6202.jpg

捕虫網でザクッと取れるだけ取って
DSCN6205.jpg
蜜蝋をたっぷり塗った巣箱の下に置くと
DSCN6210.jpg
暗い巣箱の中に次々登って行きます。
これでこの中に女王バチが入っていればほぼ成功。
このまましばらく待ちます。


その間に田んぼを見回ると
DSCN6213.jpg
あきたこまちの穂が出始めていました。
ああ、合鴨の引き上げ時期が刻一刻と迫っている!
合鴨の家は全く手をつけられていないのに・・・


案じても仕方ないので畑の近所に新しく出来たカフェで昼食し
DSCN6230.jpg

家に帰り、明日のお客様のために
IMG_20140727_134945.jpg
スープカリーを仕込んだのでした。

<かん>


追伸
分蜂の蜂さんは逃げられてしまった模様
初めての捕獲は大失敗でした・・・

みつばち見学


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


先日、お友達のユキコさんからお誘い。
「京都学園大の養蜂の施設見学ができるので宜しければご一緒しませんか?」と。

父とかんちゃん、スイさんが早速お出かけ。
私も見に行きたかったのだけど、レイさん朝はぐっすりだし、やや疲れ気味なので家で留守番。
  

学園大に到着 家から30分くらいの近さ

学園大には15個ぐらいの巣箱があり、どれも入居中。
DSCN4335.jpg

これが代表的なカタチ
DSCN4331.jpg
DSCN4333.jpg
DSCN4330.jpg
下のスリットと上の穴から入れるようになっている
ミツバチは穴から入るほうが好きらしく2WAYにしたとのこと
この穴はスズメバチが来る夏には閉めてしまう

中が観察できる巣箱
DSCN4341.jpg
DSCN4344.jpg
下も蝶番で開くようになっている


お掃除がしやすいように受け皿が引っ張れる巣箱
DSCN4337.jpg
色んなアイデアが詰まっています!!

お昼は学食で
DSCN4356.jpg
スイさん初めてのカツどん
しょっぱい・甘い・濃い・ほんだし!
久々の学食の味でした♪


一方、私は洗濯やら掃除やらばーっとしているともうお昼。
IMG_6114.jpg
昨日カリスマ鍼灸師トメさんからもらったお手製アンチョビとスナップエンドウでひとりご飯♪

と食べようとした瞬間に帰ってきたスイさん・・・
なんとかなだめて、お昼寝。
IMG_6121.jpg

その間にさっと畑に行って、
IMG_6048.jpg
打木赤皮栗かぼちゃ

IMG_6046.jpg
大和旭スイカと乙女スイカの苗を植える。
今年はスイカ食べたいなぁ。
この畑、明渠は掘ったもののやはり水はけがまだまだ。
土を盛って高めに植えたものの、心配・・・

IMG_6118_20140528081041779.jpg
寝起きのおやつは最近はまってる全粒粉のスコーン。
IMG_6139.jpg
いちじくと柚子マーマレードを添えて。

< まき >

みつばちの巣箱、大増量。


うちの父は養蜂をしています。

5年くらい前に巣箱の設置を始め
昨年、初めて2箱に蜜蜂が入ったので今年は巣箱を大増量します。

1ヶ月くらい前から作った巣箱は10個!!
DSCN2415.jpg

今日は一緒に巣箱を各地に設置しに回りました。

蜜蜂の巣箱を置くにはいくつか条件があります。

・南に開けた土地であること
・西日が当たらない場所であること
・進入口の方向に障害物がないこと
・農薬を使う田んぼが近くにないこと
・野焼きの煙が当たらない場所であること
・巣箱同士は出来るだけ離す事 

などなど・・・細かく言えばまだあります。


のりさんの裏の田んぼ
DSCN2474.jpg
DSCN2473_20140330061844a36.jpg
ご主人が生前設置されていた巣箱に蜂が入っていたのでここは良い場所です。

うちの家の裏山
DSCN2494.jpg
この近くで2箱入ったのでここも有力。

自然栽培している畑のあぜ
DSCN2480.jpg
うまく入れば1箱から3キロくらいの蜜が取れます。

次は4月下旬ごろから分蜂する蜂を捕らえる仕掛けを作ります。

<かん>

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。