スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚の水槽の藻対策。

2016 新米できました!
 完全無農薬 本田無施肥 
 新米 京都旭1号
 新米 朝日米
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 新米 新羽二重糯 販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



ウチの金魚の水槽
DSCN2449.jpg 
藻がすごい!
金魚が全く見えない!


1ヶ月くらい前にレイさんが金魚のえさを大量に放り込んでから完全に富栄養価。
水自体は濁ってもいないし金魚の為には悪くないらしいけど観賞には堪えない。

水を抜いて洗えばいいんだけどなんか面白くないので
おととい田んぼのタニシを10匹ほど入れてみた。

DSCN2450_20161204230414f44.jpg 
DSCN2454.jpg 

少しづつですが頑張ってくれています。
1ヶ月くらいしたらピカピカになるんじゃないかと期待している。

<かん>

スポンサーサイト

みみちゃんの種付けしました。

我が家の山羊、みみちゃん。
昨日からベーベーと鳴き通しなのでもしやと思って連れていきました。
るり渓やぎ農園に種付けに、です。

IMG_20161021_125407.jpg 
IMG_20161021_125645.jpg 
IMG_20161021_125651.jpg 

このオスの子は気に入らなかったみたいでチェンジ。
2番手でみごとカップル成立しました。

予定日は3月20日頃と思われます。
5月くらいから山羊ミルクにありつけそうです。

<かん>

アヒルカモ捕獲大作戦

穂してきたので、アヒルと合鴨を肥育場に移すことにしました。

昨日から手伝いに来てくれたハルポッチ。
そしてご近所のコジマくんにヘルプを頼む。

毎日脱走するアヒルを捕獲していたらすっかり信頼関係がマイナスになり、全く寄ってこなくなったアヒルたち・・・
DSCN1885.jpg
念入りに逃げ込む場所を用意して。

DSCN1891.jpg
端からぐるーっと追っていく。

DSCN1889.jpg
DSCN1890.jpg
お手伝い♪

DSCN1896.jpg
意外に一回であっさり入る。

DSCN1899.jpg
スイさんもレイさんも成鳥でも平気で掴む。
難しいかも、と覚悟してたのにすぐ確保できて良かった良かった。

DSCN1904.jpg

晩ご飯は(去年の)合鴨の広島焼き♪

< まき >

あひるのイリュージョン

今年は合鴨農法に加えて
アヒル農法も実践しています。

合鴨は5月の誕生から6ヶ月、12月まで肥育しないといけませんが
アヒルは3ヶ月ぐらいで食べられるそうでしかも合鴨の倍の1.5キロの肉が取れるとか。
それなら試してみようと言うことで・・・

しかし
CIMG1965.jpg 
ここにいたはずのアヒルが見当たらん!!!

このところ毎日のようにアヒルが脱走している。
アヒルは成長が早いのでそのぶん力も強く、ネットを押して出るのです。

アヒルは限りなく愚鈍で、外出中にイタチと遭遇しようものならほぼ命は無く。
数日前からこれではいかんとは思っていたけど今日はとうとうみんないなくなった。


かなしい・・・




ん?



悲しみに打ちひしがれる中
どこからか声が・・・




CIMG1966.jpg








CIMG1967.jpg 
ここかよ!!!


用水路のマス。
ここにみなさん大集合。

でも1羽減ってました。
流されたのではなくやはり外敵のしわざ。


合鴨ならありえなかったトラブルもあります
対策を考えねば。

<かん>

キジの災難。

今日、草刈をしていたら

ばさばさばさっ!

とメスのキジが飛び去った。
そこでキジが営巣していたのだ。

前にもこのようなことがあって、そのキジは逃げ遅れてバッサリ
やむなくしてキジは晩ご飯のすき焼きになった。

今回のキジは助かったものの、巣はめちゃくちゃ。
半日観察していたけどキジは戻ってこなかった。
卵が7個入ってはいるがそれを庇う草が無いのでカラスの餌食になることは明らか。
DSCN1602.jpg
持ち帰ってウチのコーチンに抱かせることにしよう。


その帰り道・・・
DSCN1600.jpg
アゾラ除草田の稲が鹿にやられているのに気づく。
去年までこの田ではこんなことなかったのに、鹿の行動範囲が年々拡大してるのを感じる。

<かん>

土竜はモグラではなかった。

先日、草刈をしていたら、畦ぎわに泳いでいるものがいる。
珍しいものなのでそいつを捕まえて持って帰ってスイに見せてみた。

「なんやと思う?」
「うーん、もぐら。」


IMG_4786.jpg

よく分かるもんだと思った。

私、自身もぐらの穴は無数に見てきたけど生きているのを見るのは初めて。
噛み付きやしないか、引っかきやしないかドキドキしながら捕まえた。

興味津々で観察する子ら
IMG_4782.jpg

じつはこのところお父さんの畑も、まきさんの畑ももぐらの被害がひどい。
もぐらはミミズが大好物で、地表10センチくらいの土を掘り返しながら進む。
そのためせっかく植えた野菜の根っこを浮かせて枯らせてしまう。
また、田んぼの畦に穴を開けられると水が漏れてしまう。
農家にとっては実に厄介な生き物なのです。

ついこないだ
61847.jpg
こんな物を買って退治を始めたばかり。

そんな憎きもぐらですが手に取ってみるとなんとも可愛らしく、今回は少し離れた山に穴を掘って放した。
次の日に見に行くとその場所で、蛆虫のごちそうになっていたけど。

ちなみにもぐらは漢字で『土竜』と書くけども元々『土竜』はミミズのことで
近世以降に漢字の誤用があり、いつの間にか定着してしまったということである。

<かん>

野鳥の保護について。

2週間ほど前のこと。

まきさんが鶏小屋に向かう途中に
< チーチーチー >
という鳴き声を聞いた。

足元を見てみると黄色い雀より小さい感じの小鳥。

「かんちゃーん、なんかヒナが落ちてた」

と、持ってきた。
IMG_4723.jpg
手に取ってみると本当に小さく
しかしヒナにしてはしっかりしてるし。

鳥について詳しくないので見た目から
『 尾の黄色い野鳥 』
で検索したら

カワラヒワ
IMG_4728_20160726071301ad8.jpg
だということがわかった。
食べ物は穀物や、牛脂が好きなこともわかった。

弱ってるようなので保護しようかと思ったけど
1時間ほどまきさんと相談して、そのまま元のところに返した。

3日ほど家の周りをうろうろして鳴いていたけどいつのまにか聞こえなくなった。
これでよかったと思う。

<かん>

本日も鴨仕事

今日も引き続き鴨仕事。

今回もコジマ家と一緒。
IMG_3337.jpg
相変わらず子どもたちは大はしゃぎ。

IMG_3343.jpg
北京ダックみたい。どれにしようかなー

IMG_3344.jpg
いっただっきまーす♪

とノリの良いアミちゃんでした。

< まき >

コジマ家と合同鴨仕事

今年初めて合鴨農法でお米を作った近所のコジマくんたち。

合鴨をさばいて食べるということで、うちのやり方を教えることに。

IMG_3298.jpg
子どもたちで遊んでくれるので仕事がはかどる。

しかもコジマ家の合鴨は試しに1羽なのにうちのも手伝って脱羽してくれたので非常にはかどりました!!

< まき >

みみちゃんゆくえふめいになりました。

2015 新米できました!
 完全無農薬・合鴨農法    
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 京都旭1号 新羽二重糯 販売中!!
 こばたけの通販は ⇒ コチラ
 Yahooストアは ⇒ こちら



IMG_20151025_121717.jpg

わが家の山羊のみみちゃんが行方不明になりました。
昨日昼過ぎに池の横につなぎなおしたのですが、見ると杭のシャックルが外れていました。
ということはロープを付けたままの逃亡です。

「朝、8時ごろ梨の木の下あたりにいたからえらい出張してるなっておもってたんだけど」

とまきさん。

昨夜からならキツネに襲われたりしたのかもしれないと思ったけどそれは無さそう。
あたりをぐるっと探したり、鳴きまねをしたりしたけど返事はありません。

5年前に近所のおじさんが大事に育てていた菊を食べた山羊がいたのでそちらも確認。
食べられていなくてまずはホッとする。

しばらくしたら出てくるか、とりあえず待つことにして
明日稲刈りするもち米のネットと電柵回収に向かう。

<かん>

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。