クラウドファンディング第2弾の準備。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


6月上旬
 
クラウドファンディング第2弾

が始動します。


今日はその動画の撮影を行いました。


まずは合鴨さん
kamo_20140603065607cd8.jpg

次は山
yama1.jpg 
yama2.jpg

そしてインタビュー部分
kawara1.jpg 
kawara2.jpg

台本無しのぶっつけ本番やったので
全部で104テイク!!

2時間で何とか撮り終えました。
その後編集に2時間、3分弱のムービーが完成。

近日公開です。

<かん>

きびだんごのプロジェクトの目標を達成しました。



12月16日0時0分

クラウドファファンディグサイトのきびだんごで募集していた
幻の米『京都旭1号』を復活させるプロジェクト
が終了いたしました。

おかげさまで
支援特典総数 70口
支援総額 97万6000円
のご支援を頂くことができました。

『京都旭1号』をとにかく知ってもらいたいと気持ち先行で立ち上げたプロジェクトでしたが、
こんなにも沢山の支援を受けられたことに驚き、また感謝の気持ちでいっぱいです。

サポーターの皆様の期待に裏切らないようにこれからも
『京都旭1号を広め、少しでも多くの活きた土を継承していく活動』
を続けていきますので、どうか今後ともよろしくおねがいいたします。

20131118031853b87_20131222142052df8.jpg

また、春頃に新たなのクラウドファンディングの企画を立ち上げるべく準備中です。
ご注目ください!

<かん>

幻の米『京都旭1号』の予約受付を開始いたします。


「クラウドファンディングってなに?」

クラウドファンディングの話をするとまずこう聞かれます。

◆クラウドファンディング(crowd funding)とは・・・

ある目的を持った個人や団体(プロジェトオーナー)がインターネットを通じて
不特定多数の人【crowd】 に資金調達【funding】をお願いする仕組みのことです。

例えば・・・

世の中にまだ無いような新しい商品を考えたとして、それを売ろうと考えたときに
売れるかどうか分からないものをたくさん作るのは在庫を抱えるリスクがあります。

そこで作る前にその商品のコンセプトを紹介し「お金を出したい」という人を集めます。
一定の支援者(サポーター)が集まった時点でプロジェクトを実行することで、
資金調達のリスクを低減するということが可能になります。

kibidango【きびだんご】は
プロジェクトオーナーサポーター をつなぐ会社です。

私の場合、既に『京都旭1号』を作付けして収穫しているので既に品物があります。
上の例とは少し状況が異なりますがここに至った経緯をすこしお話します。

CIMG3715_201311300455164a3.jpg

『コバタケファーム』×『京都旭1号』

『京都旭1号』は人工的な交配をしていない京都の在来種で
100年前に生まれ、50年前の西日本で一番多く作られたお米です。

その人気は絶大で

旭でなければ米ではない

と言われたほどです。

しかし、

・機械化による農業ではたいへん作りにくい米であったこと
・農薬、化学肥料の普及によりそれに適した品種が開発されたこと
・より多く収穫できる品種を求められたこと


など様々な理由で作付けは減り、今ではほとんど作られていません。


現在、種籾を入手することすら困難になり

『京都旭1号』は幻の米

といわています。


IMGP2971_20131130045517fa5.jpg

コバタケファームが無農薬で米を作り始めて4年目の秋

無農薬で米を作るなら、
 農薬の無かった時代の米を作りたい


といろいろなお米を探しているうちに『京都旭1号』たどりつきました。


そしていろんな苦労を重ねながら2年を経て
今年初めて無農薬アイガモ農法によって『京都旭1号』を2.4トン収穫しました。

20130515000300ab8_201311300455005b4.jpg

その成長の様子の全てと、味を目の当たりにした私は

この土地で作り続けるのは京都旭1号しかない

と確信しました。


近所の農家さんに『京都旭1号』のお話をすると

「昔、作っとったなぁ」

「ああ、穂がよくおちるやつな」

「イネコウジよう出たなあ」

「うまい米やったけどなぁ」


とみんな懐かしそうな顔をされます。

20131130045505370.jpg

まずはこのうまい米を
たくさんの人に知って、食べてもらいたい
需要を増やして、作付けする農家をもっと増やしたい
そして100年前の活きた土をより多く取り戻したい!!


でも

この米がいま、本当に受け入れられるのだろうか?

一抹の不安は残ります。


そこで『京都旭1号』復活のためにまず僕が選んた方法が
クラウドファンディングだったわけです。


まずは、 kibidango【きびだんご】 にアクセスしていただいて
コバタケファームが京都旭1号にかける思いを見ていただければと思います。

たいへん長い文章ですのでちらっとでも結構です。
そして、共感するところがあれば京都旭1号を購入するかたちでご支援をお願いいたします。
コピー ~ IMGP5913
12月1日から支援の受付を開始します。
よろしくお願いいたします。

コバタケファーム  こばたけ完

12月15日、目標を達成しこのプロジェクトは終了いたしました。
多数のご支援ありがとうございました。


完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク