スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうどん屋の古くなった囲いの撤去を手伝う。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号
たけのこ水煮
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


IMG_20140902_081501.jpg
IMG_20140902_084354.jpg

「この囲いの柱がもうぐらぐらになっとんのや~」

近所のうどん屋のご主人が話していたので撤去を手伝うことにした。

横木はボルトで留められているだけやから簡単に外せた。
柱は70センチくらい埋まっていて簡単に手では抜けない。

そこで

さんまた登場!
IMG_20140902_095222.jpg 
クレーンで
IMG_20140902_093319.jpg
ヌボッと抜く

3時間ほどで撤収完了。
あとは自分でやると言うことだったので帰ったのだけど

夕方見に行ったら

もう新しいのが出来上がっていました
IMG_20140902_173335.jpg

のぼりを立てるパイプを付けるご主人
IMG_20140902_174106.jpg 
さぬきうどん さか栄. 店主 67歳
仕事がはやい。

<かん>

スポンサーサイト

米倉庫の改修が完了しました。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

完全無農薬・合鴨農法のこばたけのお米
2013年 京都産

 
あきたこまち
幻のお米 京都旭1号 
 

発売中です
購入は ⇒ コチラをクリック!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


米倉庫、改修が終わって稼動しはじめています。

ボード打ちっぱなしだった室内
DSCN2418_20140425051939a7c.jpg

珪藻土を塗っていきます
DSCN2552.jpg

仕上げ塗りを終え
DSCN2905.jpg

すのこを敷いて完成!
DSCN2930.jpg 
DSCN2932.jpg
なんとも贅沢な米部屋、冷房完備で住めそうです。

米格納完了
あとは照明だけど・・・まあ時間が空いたときに。
DSCN2934.jpg 
DSCN2935.jpg 
珪藻土は防虫・防カビ・調湿に優れた建材です。
お米たちは15℃に設定されたこの部屋でクラシックを聞かせながら眠ります。(これは嘘です)

この倉庫の容量は玄米で約300袋(9t)
断熱も13センチと厚く施工したので真夏でも冷房の電気代は2000円程度。
1年中おいしいお米をお届けいたします。

<かん>

寝室改造。


1ヶ月前、寝室のベッドが完成しました。
DSCN1679_20140330050235a8b.jpg
あれから少しづつ手を加えて今は
DSCN2513.jpg 
こんななってます 就寝中スンマセン・・・ 
DSCN2505.jpg
寝室全面の書棚は4年前からの悲願でした。

それがやっと完成。
パソコン類もまとまってスッキリしました。

2014年、冬の大工仕事(もう春ですが)第一弾完了。
続いて第2弾に取りかかります。

<かん>

3年越しのベッドやっと完成!


暖かくなってきたので大工仕事を始めました。
まず手始めに私たちのBED!

これまですのこを置いてマットレスを置いてました
DSCN1660.jpg
湿気が滞留するのでちょくちょく起こしてたのですが面倒なので

とりあえず1個シングルの分が完成

DSCN1664.jpg
下には60×40cmのケースが6個入ります
ざっくりした造りですが最低限の用は果たすでしょう。
構想3年、製作時間3時間
なかなか動かないのが私の性分。
制作費は7000円くらい、意外とかかったな。

明日はダブルのほうを作ります。

<かん>

米蔵の床下換気扇を設置する。

先日、結露が発覚した我が家の米貯蔵庫
mizutamari.jpg
今日は床下換気扇の取り付けを行いました。

5日前、この換気口を
yukashita.jpg

コンパネで覆ってコンクリートを流し込んでいました。
kannkikou2.jpg
電気の配線も前もってやっています。

そして今日、型を外し
kannkikou3.jpg

コンクリに穴を開けカールプラグを打ち込んで
kannkikou4.jpg

換気扇をビス止めし、周囲をコーキングして工事完了。
kannkikou5.jpg

これを3台取り付けました。

早速運転し、米蔵の下に線香の煙を近づける。
konnkikou6.jpg
ちゃんと空気を吸っています!(あたりまえか・・・)

これで少しは結露が軽減されたらいいんだけどどうかな?
湿度の高い日に稼動すると逆に結露を助長するみたいだし難しい。

これでしばらく様子を見ることにします。

<かん>

米貯蔵庫緊急事態!

6月はじめに完成した我が家の米貯蔵庫。
有識者数名から指摘されていた問題が表面化しました。
mizutamari.jpg
水たまり

原因は貯蔵庫と外気の温度座による結露。
外気が35℃にもなるのに米貯蔵庫内は13℃前後。
冷気は下に貯まるので貯蔵庫下部は特に結露しやすいのです。
断熱材をたっぷり入れたけどやっぱり出ました。
このまま放っておくとカビの発生・腐食が進んでいきます。

なんとかせねば

米貯蔵庫はこういう環境におかれています。
米貯蔵庫図
貯蔵庫下部に滞留する空気に流れを作れれば
水分を含んだ重い空気が排出され結露は改善されるはず。


そこで
こいつを取り付けることにしました。
vfu10a_1.jpg
床下換気扇
床下換気口に取り付けて強制換気する機械。



床下換気口を点検します。
換気口に樹脂の格子がはめてあったので撤去。
yukashita.jpg
換気扇を取り付けるときに隙間が出来てはいけないので
下のブロック部分を埋めてやらないといけません。

コンクリートを流し込んだり電気工事をしたり結構手間ですがやるしかねえもんな。

<かん>

常設山羊小屋をつくる。

フレンチのシェフもすなる
『山羊小屋づくり』といふものを
私もしてみむとてするなり


ちまたでは山羊小屋作りがブームのようです。

うちの山羊のみかちゃん
冬場はずっと山の中につないで笹をやったりしていたのですが
私が留守のときに限って脱走し、畑を荒らすことが度々あり
また、出産も控えているのでちゃんとした山羊小屋を作ることにしました。 

といっても

1年半前にぴろんと田んぼの横に建てた日よけの小屋を
IMGP0079.jpg

にわとり小屋の隣に移築して
DSC_0014_20130324013830.jpg

小割で周りを囲ってお古のトタンを葺いただけ
DSC_0052.jpg

みかを入れてみたところ
DSC_0080.jpg

ユニット化しといてよかった~。
実質半日くらいでまあまあ上手に出来ました。

<かん>

Destroyer まきちゃん。

今朝のこと。。。

「ひゃ!」 っというまきちゃんの叫び声。

「なんやなんや?」 と駆け寄ると

お風呂場のドアを壊していました・・・
DSC_0022_20130228015821.jpg

まきちゃんは、なにげに物を壊します。
ティファールのポットを1ヶ月で2回壊して2回交換したこともあります。

DSC_0013.jpg
プラスチック部品なのですが、こういうのは部品単品取り寄せが難しく
さすがにドア全とっかえかな~と思いましたが・・・

木で似たよなもん作ってやれ!
DSC_0017_20130228015822.jpg

お、出来た♪ コロが無いけどま、いいか。
DSC_0020.jpg

スムースに動くようになりました♪
DSC_0024_20130228015821.jpg

よかったよかった。


◆リフォーム大詰め

珪藻土のバリを取るまきちゃん
DSC_0033_20130228015744.jpg

おかしくはみ出るスイさん
DSC_0035_20130228015742.jpg

いよいよ今週末完成です!

<かん>

ゲストルームリフォーム~壁珪藻土塗り~

先日、篠山のフレンチレストラン ボーシュマンさんに卵を差し上げたら。

美味しいマヨネーズになって帰ってきました♪
わらしべ物々交換街道まっしぐら

早速ゆで卵と混ぜて卵サンドウィッチにしてみました。
IMG_0613_20130220221107.jpg
かなり固めで濃厚なお味でした。
入れる量が少なめで満足。

ありがとうございます!!


さて、今日のスイちゃんのおみやは
IMG_0597.jpg
先日いただいたお菓子の空箱。
すぐに寝て落としたけど。


下地が乾いて、今日は壁の珪藻土塗りです。
かんちゃんがスイを背負ってすすいっと塗ります。
その間に私は階段の柱塗り。


途中スイが目を覚ましたので、「スイの手形でも押しとくか」と。
先日のトイレのリフォームのときに押そうと言ってたけど、夜に塗り上げたので押せなかった。


目立たないところに押そうとしますが。
IMG_0600.jpg
いやああぁぁぁぁぁぁぁぁl

寝起きで機嫌悪し。


しょうがないので押しやすい足形に。

IMG_0602.jpg
ぺっ
IMG_0601.jpg
たん
IMG_0611.jpg
こ!!

ゲストルームに泊まる方、探してみてね。

< まき >

ゲストルームリフォームその後~壁下地塗り~

本日も粛々とリフォームを行います。

眠そうなので背負われるスイ。
最近「おんぶするよー」というと、必ず何かを手に持って背中によじ登る。

大抵おもちゃとか本とかなのだが、今日はこれ。
IMG_0558.jpg
背中で熱心にカレーの本を読んでいます。

読んでいるのは
IMG_0561.jpg
キノコカレー。上下逆だけどね。


柱に色塗り後、マスキングをした壁に水を満遍なくスプレーします。
これは珪藻土を塗るときに水分が壁に吸水されるのを防ぐため。
IMG_0555.jpg

そして下塗りの珪藻土をひたすら塗る。
IMG_0579.jpg

乾くのも早いので明日はついに珪藻土を塗れそうです。


◇本日の晩御飯◇
IMG_0582.jpg
かぶら蒸しとふきのとうの天ぷら♪

庭にふきのとうが出てました。やっぱり最初は天ぷらで食べたい。
美味しゅうございました。

< まき >
完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。