スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除藻というおしごと

2016年産米・米粉販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号 完売!
 朝日米 朝日米米粉
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ 完売!
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



無農薬栽培でいちばん大変な仕事は
除草
ですが

今日は ” 藻 ” のほうの
除藻
をしました。

今年は米の作付け4町(4ha)中、合鴨農法は2割
残りは乗用除草機を使って除草をしています。

合鴨を入れていた時はあまり気にはなりませんでしたが
何も入れずに無農薬栽培しているとアミミドロと言う藻の発生が著しい。

アミミドロは水の動きが少ない所に生えるようです。
稲の栄養を取ることはなく、影を作って他の雑草の成長を抑制したり
また、すきこめば肥料にもなるそうなので悪い奴ではありません



1週間ほど前の、大雨が降った翌日のこと
2枚の田んぼでそのアミミドロが稲にかぶさって沢山倒れてしまいました。
IMG_20170712_135656.jpg 
水を抜いたら立つかと思ったけどこんな有様。

このままではもちろんマズイ。


まきさんと相談して意を決して立て直しを図ることにいたします。
幸い曇りで少し風もあるのでいくらかまし。
最初は腰を曲げて1本づつ藻を外していたんだけど辛い。
IMG_20170712_145148.jpg 
そこで熊手で藻を引っ掛けて取ろうというなまくらなアイデア。


IMG_20170712_155710.jpg 
なんとなくシャンとした!

なんだかんだで5時間もかかってしまいました。
1週間くらいしたらしっかりするかな。

<かん>

スポンサーサイト

苗箱、並べ終わりました。

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



毎年、3名ほど応援を呼んで播種し苗箱を並べていました。
年々作付面積が増えて1日で作業を終えようと思うとたくさん人手が必要だったからです。

しかし、昨年は800箱播いた苗箱の半分以上が発芽せず
マキさんと2人で500箱播き直すという屈辱の経験をいたしました。

土作りの時に未発酵の竹パウダーを混ぜてしまったことが最大の原因。
あらかじめ応援を呼ぶ日が決まっていたので急いで作業したのが災いしました。

そこで今年は

種籾の芽出しから苗箱を並べ終わるまでを
まきさんと2人だけですることにしました。

時間は本当にかかりましたが、昨日何とか苗床作業が全て終わりました。

IMG_20170430_063000.jpg

4月8日 脱芒
4月9日 塩水選・温湯消毒
4月9~15日 浸種
4月15日 催芽
4月15~17・19日 培土・覆土作り
4月20・22日 播種
4月21・22・24日 苗代づくり
4月27日 苗箱並べ
4月28日 ラブシート・シルバーマルチかけ

3週間もかかりましたがこれをまきさんと2人(たまにスイレイさん参加)だけでやり終えたことは感慨深いです。

毎年急いで、ときにはイライラしながらしていた作業。
今年は何度も予定が延び延びになりましたが決して焦らないことを心がけました。

今年の苗作りはきっとうまくいくような気がします。

そして普段の作業でも焦らず急かさないことを心がけようと思います。

<かん>

催芽開始とお花見

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら


今日から種籾の催芽開始
浸水していた種籾に温度を掛けてポチッと芽が出かけるまで持っていきます。
IMG_20170416_060239.jpg
温湯消毒の機械で芽出しまでできるのです。
IMG_20170416_060300.jpg
カバーを取るとこの通り。温度を掛けて水を循環もさせるスグレモノ。

日はお天気も良いのですぐ近くのうちのお墓の前に咲く桜でお花見
IMG_20170416_124454.jpg
ちょうど満開♪

IMG_20170416_125347.jpg
たまたまお隣のお孫さんミユちゃんナナちゃんが遊びに来ていたので一緒に誘う。

IMG_20170416_130758.jpg
はしゃいで楽しくて木登りをするも・・・

レイさん、田んぼの泥に入ってズボンをドロドロにしてしまい・・・
IMG_20170416_135350.jpg
この落ち込みよう。
仕方ないのでサンちゃんのズボンを貸してもらい・・・

IMG_20170416_140300.jpg
台車に乗せてもらいご満悦。


○本日の晩御飯○
IMG_20170416_200502.jpg
タラの芽・こごみ・ねぎぼうず・しいたけとエビの天ぷら♪春だなぁ♪

< まき >

2017年のお米づくりがはじまりました。

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



明日から5日間、温湯消毒機を借りられるので
今日は種籾の脱芒を行いました。

温湯消毒というのは種籾を60度のお湯に10分間浸けることで
様々な稲の病気の菌や害虫の卵を殺す消毒方法。
農薬を使わずに種籾を処理する画期的な技術です。

脱芒は種籾の先っぽにあるトンガリを取り除くこと。
トンガリが残っていると苗箱に種籾がうまく播けません。

IMG_20170408_155526.jpg

今年の水稲面積は4ha、60キロの種籾を準備します。

春休みで暇を持て余している子どもたちも手伝いたがりますが
芒が皮膚に付くととても痒いので早々に退散しました。

<かん>

まきさんのこめぱん

2016年産米販売中!
 完全無農薬 本田無施肥
 京都旭1号
 朝日米
 イセヒカリ
 豊コシヒカリ
 あきたこまち 完売!
 新羽二重糯 完売! 
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



今日、まきさんが米パンを焼いてくれました。

米粉パンと言う言葉は浸透してきていますが
小麦グルテンを使わずに米粉と酵母と塩だけで焼いたパンはそうはありません。
その実、グルテンフリーの米粉パンは商品化が大変難しいのです。

そんな状況でも米粉だけのパンを研究されている方が少なからずおられます。
コバタケファームではその方たちに支えられながら美味しい米粉パンの可能性を探っています。
米粉だけ(ここではグルテンを使わない方法)で焼けるパンはまだまだ需要があるからです。

1年ほど前から我が家の米を製粉所に挽いてもらって米粉の販売をはじめました。
米粉研究をされている料理家さんや米粉パン教室をされている方によって紹介していただき
徐々に米粉の注文が増えて、1年経った今ではひと月100キロを超えています。
これは大変な驚きでした。


我が家の米の収穫は慣行栽培の半分の10アール300キロほどしかありません。
無農薬・無肥料栽培ではこのくらいかなと思っています。

玄米の原価が600円、精米すると1割減ります。
白米30キロを製粉所に送って帰ってくる送料が3000円
製粉所の製粉手間賃が1キロ100円で、選別で1割ほどまた減ります。

戻ってきた米粉を袋詰めして1キロ1000円という決して安くない価格で販売しています。
経費としてギリギリの価格ですがそれでもこれだけ需要があるのです。



さて、
まきさんが初めて焼いたグルテンフリーの米粉パン。


それが


こちら


IMG_20170408_074635.jpg
グルテンがないとそんなにかんたんには膨らみません。

ちなみに、同じ米粉でプロの方が焼いたパンが ⇛ こちら

お米の品種、、アミロース値、含水量、製粉方法
添加する水分、酵母の種類、発酵の時間 etc.
すべてがミクロ単位・秒単位で影響します。
それだけグルテンフリーパンはシビアな世界です。
でも私は数年で技術が確立して10年後にはごく一般的になると思っています。


品質の上でも値段の上でも
誰もが口にできる米粉パン用米粉の実現は目下、コバタケファームの目標です。
米粉パンを研究してくださっている方々と共に前進してゆきたいと思います。

海外から来た小麦に米粉が取って替わるのは絵空ごとではありません。

<かん>

稲刈り2016 千秋楽 朝日米④ 

2016 新米できました!
 完全無農薬 本田無施肥 
 新米 京都旭1号
 新米 朝日米
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 新米 新羽二重糯 販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



とうとう、今日が最終日。
今日は刈り残した4枚の田んぼをはしごしながら、合計7反刈ります。

ここが2枚目3反弱の圃場。
IMG_5503_20161205015226f3d.jpg 
ここを反対側から見ると
IMG_20161107_121003.jpg 
こうなっています。


アカウキクサが繁茂して苗が倒されてこの有様。

大干ばつかよ!?
IMG_20161107_120905.jpg
3反弱でコンバイン袋に4袋(玄米で80キロくらい)の収穫。
反収30キロですね。

これだけ獲れなかったら来年はきっと豊作だわ!


3枚目は4条ほどで終わり、最後の4枚目
IMG_20161107_142546.jpg  
今季最大の倒伏田です。

ここは田植え前にアカウキクサをすき込んだのですが窒素過多になったのだ。
あとで竹チップ(窒素を吸収する作用がある)をがっつり入れて均衡をとらないとな。
そしたらやっぱり来年はここも豊作だわ

IMG_20161107_163101.jpg 
まきさんが最後の稲刈り
お父さんにはアシストしてもらい
僕は昨日刈ったやつをもみすりしました。

もみすりを終えて刈ったモミを全部乾燥機に放り込んだのは21時。
遅くなったけどこれで今年の稲刈りは終わりました。

おとうさん、おかあさん、まきさん、こどもたち
どうもありがとうございました。


<かん>

稲刈り2016 16日目 朝日米③

2016 新米できました!
 完全無農薬 本田無施肥 
 新米 京都旭1号
 新米 朝日米
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 新米 新羽二重糯 販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



稲刈りも残すところ8反となりました。
今日はかなり難易度の高い圃場に入ります。
IMG_20161101_160351.jpg
IMG_20161101_152443.jpg 
水を抜いて1ヶ月も経つのに蹴上げ付近がグジュグジュ。


どうもここからは降りれそうにないので隣の田んぼから中割りで入る。
隣の田んぼの持ち主に了解を得ての苦肉の策。
IMG_20161106_112849.jpg 
とっても
IMG_20161106_112902.jpg 
簡単だ。


そしてなにより今日は力強い助っ人をお呼びしています。
トマト農家&ロケストパン研究家の星野さん

彼は刈払い機以外の機械を一切使わないで営農をしています。
水稲だって鍬で耕して、手植え・手除草・手刈り・天日干し。
私たちには到底真似が出来ません。

ただ、今年星野さんの田んぼはイノシシで全滅。
そこでお米と交換で機械の入れない部分の手刈りをお願いしました。

まきさんのコンバインと
IMG_20161106_115052.jpg

星野さんの手刈りで

IMG_20161106_145706.jpg 
お陰で日が暮れる頃には全部刈り終わりました。


そして
IMG_20161106_190636.jpg
星野さんのロケストパン談義を聞きながら賑やかな夕食。

星野さん、ありがとうございました。

<かん>


余談ですが、、、、 

ここの田んぼはよく乾くと後で聞いたのでよくよく調べてみると
IMG_20161106_111825.jpg
水口のフタがほんのちょっと開いてたという話でした。。。

稲刈り2016 13日目 京都旭1号①

2016 新米できました!
 完全無農薬 本田無施肥 
 新米 京都旭1号
 新米 朝日米
 新米 イセヒカリ
 新米 豊コシヒカリ
 新米 あきたこまち
 新米 新羽二重糯 販売中!!
  こばたけの通販は ⇒ コチラ
  Yahooストアは ⇒ こちら



先月30日の稲刈りでコンバインのトラブルがありまして

Vベルトが切れたことで昇降機が動かなくなり
IMG_20161101_120403.jpg 
ありえない量のモミ詰まり
IMG_20161101_125737.jpg 
コンバイン袋に丸々2袋ありました。


ベルトを交換して、ようやく復旧。


今日からは我が農園の看板品種
京都旭1号 の稲刈りです。
IMG_20161102_114745.jpg 
相変わらずものすごい株張り

苗作りに失敗して大幅に作付けが減ったけど何とか繋げました。

ただ、この品種は原種だけあって無効分げつが相当あり、背白もかなり出ます。
その点、弟分の朝日米は選抜しているだけあってかなり改善されています。

だけどもやっぱり京都旭1号を作りたい!
IMG_20161102_114717.jpg 
さて、今年はどれだけ穫れるでしょうかね~?

<かん>

稲刈り2016 稲刈り12日目 朝日米②

いつの間にか稲刈りも終盤戦に入っています。
今年はもう1台中古の米の乾燥機を入れたので最大4反刈れます。

と思って刈ったら昇降機のバケットがダメで交換。
後半戦に入ってやっと2台使いできるようになりました。

今日もお父さんに稲刈りをお願いして
IMG_20161030_140037.jpg

私はおととい刈ったやつをもみすり


ちょっと改善してます。
前は
IMG_20161012_173628_201611300036593b5.jpg
こんな感じでもみがらの排気を受けていたんですが
やっぱり隙間から細かいチリが漏れて近隣の迷惑になるので

通気用のダクトを付けて
IMG_20161030_095534.jpg 
ビニルで延長して、水を張った樽に・・・
IMG_20161030_095600.jpg 
ものすごく細かいチリをキャッチできるようになりました。
排気の勢いでほどよく水面をかきまぜてしてくれるのでよろしい。

籾殻はチクチク成分がものすごいのです。
洗濯物とかにチリが飛んだらお隣さんは不快極まいないですもんね。

特に珍しい技術ではないですがやってよかったです。

<かん>

稲刈り2016 11日目 朝日米①

今年は京都旭1号が苗が少なかったため「朝日米」を栽培しています。
京都旭1号が1912年に岡山へ渡りそこで純系淘汰を繰り返してできたお米。

今の朝日はその47代目にあたるそうです。すごい歴史!

ココの田んぼは今年から借りたところです
IMG_20161027_113333.jpg 

まずまずの出来
IMG_20161027_113357.jpg  

今日は自分で刈っています・・・
IMG_5418_20161127122947fcd.jpg

我が家の米づくりは
育苗培土に山土・鶏糞・竹チップ・くん炭を混ぜたものを使い
田植え後は一切無肥料で作っています。
ですので慣行栽培に比べると6割くらいの収量になります。

初めて借りた田んぼはそれまでの肥料が残っています。
1年目は10aで4~500キロくらい取れますが翌年からだんだん減っていって
5年くらい無肥料を続けると300キロを切るくらいまで減っていきます。

そこで米ぬかや籾殻、竹チップなどを散布して冬季湛水(冬の間田んぼに水を張る)など
地道な土作りを繰り返して350キロくらいの収穫を目標にしています。

面白いのは250キロしか獲れなかった田んぼでは翌年400キロ穫れることもあること。
いろんな条件が重なってのことですが今年獲れなかったら来年は豊作じゃね?
そう、のんきに考えながら農業をしています。

<かん>

完全無農薬の食べ物はこちら
プロフィール

コバタケファーム

Author:コバタケファーム
コバタケファームは京都・園部町の山あいにあるちいさな農場です。 無農薬のお米と野菜と果樹を育て、鶏と山羊とアイガモとくらしています。
農場の日々のくらしをおとどけします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。